新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

238Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここまでのお話は父親も母親もいて、それなりに収入も安定していて、基本的に子育ては母親がになっているという高度経済成長期の家庭における「あるべき論」のように拝見しました。
私の周辺の学習支援や子育て支援の現場を見ていると離婚も再婚も多いし、どちらかが日本人ではなかったり、子どもを全く客観視できていたなかったりという例も少なくありません。
「普通の家庭」に収まらない子どもたちが大人を信頼できるように地域で育てていくような環境づくりが必要だと思って、都市農地を活用したコミュニティ農園や子育て支援古民家をやっていますが、なかなかに労多くして、、、だなという実感です。事業として成り立たせるのも難しい。
その難しさを楽しむ他ないなと思ってやっています。
私はいけてるイクメンだと思ってる人たちの中には、一語を取り上げて食ってかかる人もいますが、少し無理をされているのかも。
私は、あくまで共働きメインの夫婦像をたくさん見てきてなお、「母だな」と痛感するのです。頭でっかちのイクメン論に、現実には苦しんでいる夫婦も多いのです。そういうお父さんたちのために、煎じつめた役割が「妻の笑顔に何ができるか」に集中するということです。
父親が妻を笑顔にするだけで子供も笑顔になれ、みんなが笑顔になれます。これは子供の自己肯定感を育む上でも、そして夫婦円満のためにも最も大切なことだと思います。

母親の笑顔というゴールさえブレなければあとは試行錯誤するだけです。どうすれば妻が笑顔になれるかは状況次第なので、質問・傾聴・承認によりその答えを見つけ出したいものです。
"自分の妻を幸せにすることもできず、子どもに対しても偏差値だけを高めるような教育をしてどうするのか"
ずっしり心に響きます。
仕事を頑張るのは当たり前ですが、家庭と両立してこその仕事ですね。
なんでもかんでもコミニュティビジネス化するこの御時世、育児もコミニュティで助け合いたいもんですよね。それにしても、父親の第一の役割は母親を笑顔にすること-感心するとともに、 花丸さんが、お母さん方の絶大な支持を受けられる理由が分かります(^-^)
ムーギーさん、何で顔隠しているんでしょうか?(笑)
母親かハッピーでいることは子どもにとっても嬉しいことで、子どもの福祉に資することですね。
母親がハッピーでいるために離婚を選ぶ夫婦も少なからずいますが。
もちろん、仲が良い両親が揃っているならそれに越したことはないですが、両親の不仲が進み改善の余地がないのであれば、いっそ離婚して親がイキイキとしていた方が子どもにとってもよい、という前向きな離婚もあるのです。
話はそれましたが、共働きだと、夫が家事や育児を「手伝ってやる」という感覚には不満な女性は多いですよ。
海外在住(自分)と日本在住(妻子)のリモート夫婦としては、チャットやスカイプなどのテクノロジーの存在が大きいです。

大きなイベントよりも、毎朝毎晩の細かいコミュニケーションの方が幸福度に寄与することはわかっているので頻繁に連絡をするようにしているせいか、今のところは大丈夫だし、なによりも奥さんがデフォルトの機嫌がいいタイプなので助かっています。顔は見えないけど、おそらくスマイルなはず。

ただしこれを永遠続けることはよくないとわかっているため、子供が大きくなってきた頃にどこで育てるかということは考えなければなりません。単身赴任&出張だらけの境遇の人たちと飲みにいくといつも話題になる、とても難しい課題です。

瞼の母、ではないですが、会えなくてもいつも息子が想ってくれている父にはなりたいと思いつつ、出張も減らせないしな〜とモヤモヤしている今日この頃です。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。