新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

262Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「プロセス重視」のコーヒーの入れた方は、日本のお茶や食文化からしても、全く日本らしい独特な入れ方が発展して来た。日本食レストランを欧米人が手がけたり、日本の禅の考え方をMindfulnessというようにプロセスに分解して取り入れたり、日本の匠の考え方を欧米のプロダクトに取り入れたり、日本のカワイイ文化を欧米のファッションに組み込んだり。日本から発祥した要素が海外で普及していく事象は、様々なところで見られます。日本勢自身でも、オリジナル評価のあるものをもっと海外に出して行きたいですね。
「物語」「キャラクター」「遊び」は、それぞれ違うという指摘には、大きな学びをいただいた。これを別の観点で捉えれば、「父」「子」「精霊」の三位一体論になる。「物語」=「父」、「キャラクター」=「子」、そして「遊び」=「精霊」。それぞれは全く別ものではなく、「父」の個性に基き、異なるパターンが生じる。 そう考えると、「物語」を生み出しやすい日本文化の長所を、もっと活かせることにならないだろうか?
今まさにブルーボトルコーヒーにいますが、空間設計も和の香りがします。茶室にいるようで落ち着きます。世の中から静かな場所がどんどん消えている中で、貴重な空間です。
「お茶を淹れることを「茶道」という文化にした千利休みたいに、日本人はコーヒーを淹れるプロセスも洗練された文化にしてしまう。でもそれをグローバルに展開するのは、結局、アメリカのブルーボトルコーヒーなんです。」(記事引用)

角山栄著『茶の世界史』を読むと、戦国時代の日本に来日した宣教師たちが、茶の湯の文化に驚愕し、それが欧州にお茶が広がる文化的基盤となったことがわかる。しかし「体験の場として茶室」からお茶は切り離され、やがて嗜好品(コモディティ)として英国などの近代文化の中に組み込まれていった。

アーチェリーと弓道が似て非なるものであるように、日本の茶の湯や、コーヒーの伝統は、日本的文脈の中で深められていった独特のコンテンツであり、生活に立脚する総合芸術ともいえる。そうしたものをパッケージ化し、ビジネスモデルとして輸出することを、私たちは得意としてこなかった。

むしろ発想の転換をし、日本国が巨大なテーマパークと位置づけるのが良いかもしれない。日本は、入国した途端に不思議な体験を次々とできる国だ。実際、フランス在住の日本人ビジネスパーソンに聞いた話だが、ヨーロッパでも北米でも、南米でも、自分が日本人だとわかると喜ばれ、「ぜひ日本を訪問してみたい」と言われるという。インバウンドの潜在力は相当に大きい。2020年以降を見すえた長期的な取り組みが必要だと、あらためて感じる。
プロセスを大事にするというのは実は「無駄な会議」や「OKでるまで時間のかかる稟議」と同じ起源かもしれません。プロセス重視だから作られた茶道的美意識は結果重視になった途端、お湯を注げばすぐできるファストフードになってしまう。
日本の良さは結果よりも過程を極めることにあるとするならば、そもそもそれが金や大きな事業に繋がらなくても「よし」とすることこそが日本の良さということになるのではないかと思いました。
日本の○○道は、行為に意味をつけて文化にする。「型」として体系化して文化を保存するという発想は、他の国が簡単に真似できるものではない。
サービスデザイン、UXデザインなどの分野は、本当は日本が誇れる分野なのかもしれないな・・・
物語と遊びを分けて考えるべき
スポーツに置き換えると、誰でも楽しめるもの。物語はローカルなものであっていいのですよね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。