新着Pick
287Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
> 「仮に30歳で当社に入ったとすれば、30代後半には国内外でCFOを務めた経験を持つ高いレベルのM&Aならびに経営スキルが身についているはず。それも、どちらも現場で鍛えた本物のキャリア。絵空事ではなく、上場企業のCFOになれるでしょう。」

日本における上場企業CFO職の求人について、
①そもそもCFOのポジションがオープンになることはほとんどない、
②もし前任CFOが退職した場合には、まず社内プロモーションを探す & いなければ外から上場企業CFO経験者を探す、
このようなプロセスを経そうです。
上場企業CFO未経験者(資本市場未経験者)がこの空席に座るには、ハードルがあります。

すると、上場企業CFOになるには、リスクをとって未上場段階の企業にCFO(候補)として飛び込む必要があります。このとき、入社した企業が首尾よく上場できた場合でも、転職後に2-5年は掛かります(上場準備の期間)。

計算すると、30代のうちに上場企業CFOを目指すなら、30代前半から遅くとも30代中盤には次のステップに踏み出さないとなりません
なんと。トライステージってこんなに変わってるんですね。ダイレクトマーケティングの雄ですね。
コンサルティング業界の知り合いは多いのでいろんな会社の噂を聞きますが、トライステージさんにこんなにいい人が集まってるってのは初めしりました。

個人的には新卒の優秀な学生にはこういう会社を部署指定で受けてほしい。
事業の楽しさとプロフェッショナリズムを学べるすごくいい環境だと思う。
トライステージさんといえば、買収や投資を通じて、積極的に国内、海外へと展開されている企業さんですね。

このように30代で上場会社のCFOになれる機会を提供している会社はとても少ないと思います。

戦略ファームの方、会計士の方、投資銀行の方など興味のある方にはとても良いチャンスだと思います。

経営をやりたいという希望や意思があってもなかなかその機会には恵まれないもの。一歩踏み出してみるのも良いでしょう!

緒方さん、宮嶋さんもお元気そうで何よりです!
魅せ方が上手い求人。キャリア、スキル的には自分と近しい感じ。

業績