新着Pick
288Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
何をいまさら、という感想しか抱けません。

政府が出来ることは限られています。

どうしても「無子高齢化」を防ぎたいのであれば、未婚の子(つまり非嫡出子)の社会的待遇を良くすることしかないでしょう。
不倫であろうと、未婚であろうと、産まれた子供にきちんと生きていく制度を確立することです。
そういう意味では、妊娠した高校生を退学にするというのは、愚の骨頂です。

望まれない子供が日本にはたくさんいて、その多くは命を絶たれているのです。

法改正的には、胎児の人権を(停止条件的であっても)しっかり補償して、両親が育てられない時は社会全体で育てるのが当然であるという制度に変えていくべきだと考えます。

「結婚しないと子供を産めない」という、ステレオタイプ的な固定観念を壊すことが先決だと思います。
筆者の考え方が、生まれてくる子供達の事よりも、自分達を支えるための労働力と捉えている事が、一番子供を産む気になれない理由かもしれません。
マクロで見ると、人口が増えないことには社会保障、経済、社会を維持することはできませんが、個人レベルで見ると、今の日本で子どもを生むということは、その子にとってあまりにも可哀想なことであるという気さえしてしまいます。
これでは若年層が高齢者の奴隷です。

国家百年の計というものは、一体誰が考えているのでしょうか。
政府や行政の中でなんとかしようとしても、構造的に単年度ごとの施策しか打てなく、20年後を見据えても、20年間続けてみることすらできない。一方、子育ては、毎日、毎時間続いていくもので、変化も激しい。

子供が四人で、双子もいて、周囲に助けられて何とかやっていても、なかなか社会的に支えられているとは、意識しないと実感しづらい。

私としては、あらゆる子育てにかかる施策や取り組みがの最小単位を、子ども個人とし、家族や所得といったもので区切らず、子育て家庭も、そうでない世代も、とにかく分断が起きづらいようにすべきだと考えている。
財源確保すれば子どもを産むようになるんですか?
今結婚している人たちはみんな2人の子どもたちを産んでますよ。
政府によって子どもが生まれるようになるって考え方は古くないですか?
そもそも今生きている子どもたちでさえ満足に幸せにさせられていないじゃないですか?子どもの貧困率、虐待の数、過去最高レベルです。
産めばいいという考え方には反対です。
今いる子どもたちをまず幸せにすることができない国に、これから産もうという動機が喚起されるわけがないと思います。
少子化問題。お盆のこの時期は家族サービスのチャンスかもしれないが、どこもかしこも激混みで渋滞のこの時期にしか休みが取れないお父さんが多いことも、少子化の原因ではないか。

と言いつつ、我が家もこの時期に出掛けて来てしまったが…。
家庭ではなく、社会で子供の面倒めて行かない限り、また単年度の対症療法的な予算付け方ではなく、しっかり制度にして20年30年を見据えて安心してあらゆる人が子供を産み育てられるようにしない限りは改善しないですよね。昔ながらの家庭観そのまま現代の若者に押し付けて、労働力が不足するからといって子供を産めどういったところで誰を生まないですよね。
何度も書いているが「少子高齢化」を解決するためには社会保障制度を所得税に一元化した負の所得税(=ベーシックインカム)を導入してゼロ歳児を含むすべての国民に一律で毎月8万円を支給すれば良い
2020年に女性の半数は50歳代。。。