新着Pick
642Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
赤字での上場と言えば、近年ではクラウドワークスを思い出しますが、マザーズは"Market of the high-growth and emerging stocks" の略。本来は急成長企業が資金を調達するためのマーケットなんですから、仮に赤字上場となれば、急成長のための先行投資段階での上場ということで、むしろマザーズ本来の役割を果たしていると言えるのではないでしょうか。
粉飾は論外ですが、上場するからと言って過度に投資家の目を気にして小さくまとまったPLを作りに行くのではなく、どんどん投資していけば良いと思います。

ま、日経の記事ですから、 公式発表を待ちましょう。
最近は単月黒字なら上場できるという噂を聞いたことがあります。

---
記事の通り7月に東証への上場申請を済ませたのなら、上場日は東証審査期間(最短で2ヶ月)を踏まえて最速9月。個人的には、3Q決算まで見た10月上場がメインシナリオではないかと推測します(ウォンテッドリーも3Q見ての上場承認)。

マネーフォワードのPLとBSの規模は、上場時のユーザベースと同じくらい。ユーザベースも特別利益を除くと上場年度の前期(直前期)は赤字でした。

記事にあるバリュエーション100-200億円は、利益がほとんど出ていないとすると、Revenue Multiple(EVが売上高の8-10xとか、というバリュエーション手法。ネットデット殆どないのでEV = 時価総額)なのでしょうかね。だとすると、PER偏重の日本のマザーズIPOでは画期的だと思います
ウォンテッドリー、マネーフォワード。とりあえず、やや早産だけど小さく産んで大きく育てばいいね。
マネーフォワード、freeeに勝訴したニュースが冷めやらぬ中、マザーズ上場とのこと。うーん。。

決算公告(第5期)を見る限り、まだ全然赤字です。この前のSansanの大幅調達といい。。まずはしっかり黒字化することが先ではないですか?
MFはもう充分知名度はあるわけですし、しっかり事業を黒字化/収益化してからIPOすべきではないかと個人的には思うのですが。

結局、目先のキャピタルゲインを狙う息の臭い株主の思惑/意向なんでしょう、と思ってしまいますね。。

【マネーフォワード 決算公告(第5期)】
http://bit.ly/2wEJpY4
売上高:15億4,217万円
営業利益:▲8億7,653万円
利益剰余金:▲8億8,897万円

<以下、追記>
IPOは株式を発行して資金を調達する方法、エクイティ・ファイナンスの一環です。これは、経営権を握る第三者を増やしたり、株式資本コスト(=株主に配当金として還元するお金)を今後継続的に増やす対応、とも言えます。

この中で赤字の状態が続くと、従業員に主に(給与等の)フローで大きく還元することが(上記の理由も重なって)難しく、代わりにストックオプションでの還元になることが多いです。
例えばこの(SOの)ロックアップ期間が終了した後に、まだ黒字化のメドがたっていなければ、、まあ悲惨なシナリオが待っています。あるときにメンバーがゴソッと退職して行く、、等。
黒字化にメドの立たない企業に従業員は定着しないです。そして、ICT・ネット系の企業こそ、得てしてビジネスの仕組みよりも従業員の力ありきで事業運営しているものです。

さて、例えばクラウドワークス社が赤字上場して、未だに大きな赤字を出し続けていることは記憶に新しいです。
近い未来、どうなるでしょうか?このあたりも見守りたいところです。

いずれにせよ、IPOでガンガン資金調達する方法は、博打込みでの経営判断として各社が自由に考え執行すればよいものだとは理解しますが、今MFが急いでIPOする必要性は本当にあるのでしょうか?
個人的にはもっと慎重に考えるべきだと思いますし、策が不充分ならばIPOはあまり賢明な道ではない、と思う次第です。

企業経営の本質は、マネーゲームではありません。
マネーフォワードは間違いなく、日本で最も期待されるFinTech企業の一つです。

なぜかというと個人、法人向け双方のサービスのほとんどがAPIで外とつながるカラクリになっているから。マネーフォワードが銀行API経由で預金残高を吸い上げることもあれば、マネーフォワード自身がAPIを提供して家計簿データを転用させる、など。
既に「エコシステム」はバズワード化してますが、結局異業種含め色々な業態と繋がる媒体(データ)やプラットフォームを持った企業が、今後エコシステム中心になっていくと思います。

なお、FinTechについて学びたいなら、同社研究所長 瀧氏の「FinTechの現状」が入門編としてベスト
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sansei/fintech/pdf/001_04_00.pdf

【追記】コメント見てると財務的アプローチが大変勉強になります。赤字状態、ダウンラウンドによるスモールIPOなので、プロの投資界では「うーん…」という印象が強そうですね
赤字IPOプレイ来ましたね!黒字で時価総額200億円を狙うと、PER50倍でも4億円の当期純利益が必要なので、できるなら赤字でIPOした方が実は良かったりするんですかね。
競合他社がいる場合、先にIPOするべきなのは間違いないので、係争中の案件について東証からの質問にも耐えうる回答が準備できるようになって、すぐに申請したという感じでしょうか。
とりあえず、申請だけであって、東証の審査で落ちることも1-2割くらいはあると思うので、メルカリもそうでしたが、世論を味方につけて、審査に落としにくい雰囲気を醸成するようなリーグがさすがだなと思いました。
またスモールIPOか笑。ダウンランドだし。。
記事に出ている業績である第五期の官報は見当たるが、それ以前のものはちょっとググったが見当たらず…
累計で50億近く調達をしていたはず。会社情報で株主を見ると、結構多くの株主がいる(金融機関は、調達目的というより連携目的と思われるが。
サービスとしては個人の家計簿(月500円)、企業の会計(MFクラウド会計、月2000円~)、経費精算処理(MFクラウド経費、月300円~)。toCとtoBの比率がⅠの部が出てきたら気になるところ。
今は赤字出ていても、特にtoBについては入った後に変えるのはなかなか面倒だと思うので、LTVでペイするのであれば広告費などをかけても早く獲得するのがキーだと思う。
http://corp.moneyforward.com/about_us/index.html
大量調達したベンチャーの上場がしばらく続きそう。VCさんは収穫期ですね。
しかし、売上15億、8億の赤字で上場できるとは驚き、月次で上がっていて単月黒字までは見えてる、ということろなんでしょうか。
マザーズは成長ベンチャーの孵化器なので、個人的にはよいと思うのですが、その後しっかり成長できることを示すことで信頼を得ること、また上手くいかなかった場合に代謝を促す仕組みとセットで考えていく必要がある気がします
辻さんに「おめでとう!」とメッセージ送ったら、以下URLがコピーされてきました。

http://corp.moneyforward.com/aboutus/20170813-mf-press/

とのことでした。僕はひき続き京大ベンチー仲間の辻さんを応援します。そういえばWantedlyの仲さんも京大ベンチャー仲間ですね。(^^)