新着Pick
222Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大阪府警が盗んだカード情報で不正に買い物をした中国人留学生を逮捕したという記事。
Apple Payというより、「新しいカード支払い方法に対応しきれていないカード会社」と書くのが正しいのでは?

(内容)
他人のカード情報を不正に入手
カード情報の自分のiPhoneへの登録
カード会社から他人名義で認証コード取得
自分の指紋を認証に使いiPhoneで買い物

結局、カード情報が不正に盗まれた事が発端で、Apple Payへの認証もカード会社の業務なので、
アップルは損害もなく痛くも痒くもない。だからノーコメント。

カード会社はApple Payの認証コード発行への対策を立てるしかない。
先日も他の記事で同じことが報じられていたが、カード会社の個人認証のところに少し問題があるようだ。Apple Payはカード登録、利用に本当にストレスが少なく、離脱が少ないように設計されているが、カード登録の本人認証のところで離脱や問い合わせが増えることも想定してでも、もう少しセキュリティを強化していく必要性はあるかもしれない。
不正を働く輩は、次から次へと新しい手口を考えるものですねー。

こういう落とし穴があったとは…。
Apple Payを利用した支払い=既に本人確認が出来ている、という前提で店舗は支払いを受け付ける。物理的なカードが無い為、名前も性別も推測出来ず、店舗側が不正利用を見分ける術は無い。不正利用の責任を問われる事もなく、損害の負担をする必要も無いはず。店舗側としてもクレジットカードより、モバイル決済を使ってもらった方が良いと思います。

【追記】
鈴木淳也さんのTwitterでのやり取りが、このニュースの件で参考になると思います。
https://mobile.twitter.com/i/web/status/896602869654147072