新着Pick
341Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ICLと技術的には同じね。
インプラント型ARも遠い未来のSFではない。15年くらい前にレーシックを受けた身としては、ARレンズも早く挑戦したい!w >目にレンズを挿入するアイデア自体は、目の視力障害を治す方法として一般的に用いられており、アメリカでは毎年約360万人の患者が施術を受けています
メガネ型と違い、コンタクトレンズ型は装着していることが周りにわからない。人知れずAR、人知れずオンライン、の特性を活かす利用法がポイントかと。
目にレンズを挿入するアイデア自体は、目の視力障害を治す方法として一般的に用いられており、アメリカでは毎年約360万人の患者が施術を受けているとのこと。
その中で、高齢者向けには、移動の際に目の前に地図を表示したり、体調がおかしくなった際のアラームを出すことを想定しているようだ。
すごいアィディアであるが、
デバイスの更新やメンテナンスを
考えると、他の方式の方がメリットが
ある様に思う。
心臓にペースメーカー埋め込んだりすることを考えると目にデバイス埋め込むのもわかるんですが、元々の機能回復以上の機能が持てるとなれば感情的にはなんとなく不安を感じてしまうのが正直なところです。
既に7人で臨床試験が始まっているんですね。心理的障壁はメガネより高いですが、いざ一般化してしまうと、ARがいかにもなデバイスとわからずに使えて便利そうですね。
すごいなぁ、アメリカ🇺🇸。兵士への応用って、よく映画に出てくるように標的までの距離が映し出されたりする、アレですかね。または顔認識データが本部のデータベースに照合されて人物が特定される?どちらも可能そうです。
ICL治療の技術を使うということですね!メガネ型やコンタクト型など装着ハードルは下がっていくんでしょう。
>目にレンズを挿入するアイデア自体は、目の視力障害を治す方法として一般的に用いられており、アメリカでは毎年約360万人の患者が施術を受けています。