新着Pick
507Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本オファリングのメモ
・想定時価総額は40億円(目論見書記載価格ベース)
・調達額0.4億円の資金使途はオフィス移転資金
・売出人はサイバーエージェント

資本政策など
・2年前にはバリュエーション(時価総額)90億円で2億円調達している。なので、今回のIPO(時価総額40億円)はダウンラウンドでのIPO。2年前スタートアップ界隈がバブってましたので、ご苦労の影が見えます
・共同創業者でCOOだった方は、昨年保有株式をCEOに売却し、役職からも外れてご退任
・主幹事は大和証券

出所: 有価証券届出書
調達額4000万円って笑。。。COMSAとかでSNS連動トークンみたいなのやったほうがぜんぜん調達額多いんじゃないかなー。
知名度とブランドのある企業なので、上場して、しかし売り出しを絞って受給を逼迫させれば、時価総額、すなわちバリュエーションを非公開で調達するよりも引き上げれそうだな、とも思ったり。直近の業績が思わしくなく、少し頑張って数字作った感もあり、幹部まで含めてSOが渋いとか、共同創業者との間に何があったのだろうかとか、流石に家賃はらいすぎではないかとか、色々と雑音はあるでしょうが、しかし極めて価値の高いサービスですので、市場の価格形成のマジックを最大限に活用して、これからも成長を継続して欲しいなぁと切に思います。
2年前の直前ラウンドがPost時価総額が90億円超で、公募時価総額が40億円のダウンラウンドIPO。初値で100億円くらいはいきそうな気がしますけど、なかなか痺れますね。
あと、ストックオプションも役員未満には付与なし!それでも社員は付いていく!というすごい資本政策とビジョン経営ですが、一旦は、IPOすることが重要で、それによって今後の成長もしやすくなるということで、複雑な想いはありつつも、おめでとうございます、というのが正解なんですかね。。。
売上高の伸び率も鈍化しつつあるので、ここからが勝負で、M&Aと新規事業による成長ストーリーかなと思いました。
Wantedlyからは当社にも何人か入社してくれていて、貴重な戦力。独特なカジュアルさは好み分かれますが、Wantedlyでなければあり得なかったマッチングもあり、素敵で大事な採用ツールです。

小粒だろうがダウンラウンドだろうが、売上8億で黒字って、頑張ってるじゃないですか、まずはIPOしたことをお祝いしましょう。そして、中長期的に成長するかどうか、期待して見守りましょう!

こうしたIPOが増え、ドンドン起業家が出てくる中で、大きなIPOも出てくるでしょう。なにせ日本で圧倒的に足りないのは、起業家の絶対数ですから。
売上8.4億、純利益0.77億か。直近もうちょい利益落ち込んでますが、wantedlyの業界認知/ブランド力を考えれば全然まだまだ余裕で伸ばせると思うし、むしろマネタイズのマグマは溜まってるように見える。調達額4,000万円はさすがに少なすぎるので、恐らく上場の目的は別にある。スタートアップ界隈では確固たる地位があるので、後は今回のIPOきっかけにブランドを更に強めて、大企業向けにもビジネスを広げていきたい。wantedly people(名刺管理アプリ)は使った事なくて何とも言えないので使います笑
こういう上場を見るとIPOって。。とも思ってしまいますよね?
1年前に11,940株を4,190円でCOOだった方がCEOに株式譲渡しているけど、当時のストックオプション価格は90,000円で、贈与税とかどうなってるんだろう、と気になる。
この規模だとこう言う時価総額になりますよね。スタートアップは使ってるイメージあるんですが、大企業に広がってないって事になります。営業は難しい。株主名簿上位にはスタートアップ業界の重鎮たちがたくさんいます。
うーん、なんだ小さいな…頑張ってください