新着Pick
Bloomberg Businessweek

この記事は有料会員限定の記事となります。

237Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
テンセントの凄みがずしっと感じられる良い記事。思ったこと2点。

その1。
劉社長のように、アメリカなど先進国で長く生活した中国人が、帰国して中国企業で活躍するケースは一層増える。
で、彼らの貢献により、中国企業の世界進出はものすごいスピードで進む。

身近な例で、私の在学するMBA同学年425名中、中国ルーツの人間は20名強。(ちなみに日本人は12人)
その内、中国生まれ中国育ちはごくわずか。大学から海外・そのまま海外で就職というパターンや、小さい頃に海外へ移住し「中国語より英語の方が得意」といったパターンも非常に多い。その場合国籍も変わってしまっていて、20名強の内、中国籍は10名ほど。

彼らの内、卒業後中国大陸で、また中国企業で働こうという意向があるものは多い。
テンセント・アリババはじめ、こうした人材の採用に熱心な会社は多く、年齢にとらわれず権限を与え大きなスケールとスピード感でビジネスを展開できる環境が、彼らにとって大変魅力あるものとなっている。その気になればアメリカでもヨーロッパでもどこでも就職できる人材だが、その彼らが中国を向いている。
感覚的で恐縮だが、こうした人材が世界中から中国(中国企業の海外拠点含め)に戻ってくると、その力は凄まじいのではないかと思います。

その2。
トップ経営層14人がゴビ砂漠を2日間歩き倒すというオフサイトミーティング、これは凄まじい。爪の垢を煎じて飲みたい。
Tencentというとポニー・マーの名前はよく聞くが、記事に出ているマーティン・ラウ(劉)の名前は、印象にない。記事にあるように、あえて出ることをしてこなかったのはあろうが、これから意識したい。
にしても、Tencentがどれだけ中国での生活で普及しているか、そしてラウ氏の下記のエピソードも興味深い。

『ベンチャーキャピタリストのメアリー・ミーカーによれば、中国のユーザーが1日にテンセントのアプリを使う時間を総計すると、17億時間に上る。他社のアプリすべてに使う時間を合わせても追いつかない。』

『劉はスーパーセルの幹部らに会う準備として、クラッシュ・ロワイヤルをプレーした。繰り返し、何度も。当時の順位で、実に世界97位の高スコアを出すほど熱心にプレーした。
「それが私のデューデリジェンスのやり方だ」と、劉はまじめな表情で言う。「今でもプレーする。あの時は本当に激しくやった」』
中国は、文化や市場環境が日本と大きく違うから、認知バイヤスがかかって中国企業の情報はスルーされやすい。でも、グローバルスタンダードに近いのは、圧倒的に中国企業。

テンセントがどれだけ浸透しているかは、昨年成都でリサーチした時に痛感した。こういう記事も貴重だけど、世界がどう動くのかを実感するには、米国だけでなく、中国にも一定時間、身を置いて活動しないとダメなのかもしれない。
時価総額40兆円と日本最大のトヨタの倍を誇る、テンセントに関する長文記事。爆速で自己変革を繰り返してきた結果が今の成功に繋がっている。
アジア最大企業テンセントを裸にする良記事。アリババ同様アジアでの存在感は巨大だが金にモノを言わせた投資で事業として国外を抑えるには至っていない。今後のそれが見もの。
テンセントが世界で成功出来るサービスとして、一番近い位置にあるサービスがWeGameだと思います。Epic Games、アクティビジョンなどに出資し、スーパーセルも買収している。ダウンロードゲーム配信プラットフォームの最大手はSteam。テンセントのWeGameはSteamと並んで、大きな規模になり得る数少ないプラットフォーム。ゲームのプラットフォームからWeChatが広がっていく事も十分考えられます。
恥ずかしながら、テンセントについては社名とサービスを聞いたことある程度でしたが、馬と劉、両氏のこれまでの手に汗握るサバイバル感がしびれました。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。

業績