新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

245Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「百貨店の終わり」というNewsPicksオリジナル連載もこれで最後。消費者の代表として湯山玲子さんが語って締める、と。

・特別な体験ならブランドの路面店で、服はファストファッションで。
・「偏ったコンセプト、強烈な世界観→憧れ」が必要!
・「組織文化に染まったおじさん」には面白いお店はつくれない。

というのに共感する人は多いかも。(ブランド路面店でアクセサリーを買えるかは別として。)しかし、最後の終わり方は厳しいですね。じゃあ、未来はないのか、と。


個人的願望として、本連載のネクストステップとしては
①大量閉店続出!アメリカ&中国小売市場に異常あり。
②世界最古の百貨店ボンマルシェを擁するLVMHグループの野望
③現代の百貨店「無印良品」が提案する1,721万円の家
④「情報製造小売業」を目指すユニクロの着実な打ち手
⑤百貨店の「負債」とは?!都心の未来と地方の未来
などを、ぜひ特集して欲しいですね。

①は遠からず起こる日本の未来を考察するのに役立つと思います。SC含めリアル店舗の大量閉店が地域に起こす影響も含め知りたいですね。②はそんなリテールを尻目に拡大するグローバルブランドグループの本質とは何か、③と④でそんな外資に世界で対抗し得る日本の2トップの新しい取り組みを、そして最後に⑤で日本に戻ってきて百貨店の本当の価値と決別すべき負債を明確化し、都心と地方のビジョンを示す…休日の朝は、妄想が広がりますね。あ、グーグルのプロジェクトジャガードとかAIによる接客代行とかのITの視点も入れたいな。止まらない(笑)
で、結局のところ誰も百貨店の未来像を具体的に語らないまま終わってしまいましたね。
百貨店だけに限らない、鋭い時代考察にあふれています。「女の気の狂った帝国」というコンセプトは最高ですね。

「勤続20年、30年のおじさんたちが今から新しものを生み出すのは不可能でしょう」
百貨店は、高度成長期が築いた象徴物。

今回の連載で、すでに百貨店を終えたことを前提に考えると、むしろ問題は、百貨店に変わる、新しいリアルな象徴を、これから30・40代世代が築いていかなければならないこと。

これが始まるのは、おそらく東京オリンピック後だけれど、いまから仕込んでいかなければ間に合わない。これから進行する巨大プロジェクトがあるなら、私なら、尖った30代・40代チームを組織し、実験的店舗とコミュニティをつくり、東京オリンピック後の未来に繁栄する種を仕込む。

たとえば、誰もが店主になれる「東京蚤の市」。メルカリのリアル版だが、ここにお祭りなどの宗教的色彩を組み込むことで、コミュニティの基盤がつくれ、継続的なビジネスへと成長させていくといったイメージ。
さすがこれまでしてきたお買い物の歴史がちがうだけに、仰ることがいちいち鋭い! 湯山さんのお父上は話有名な作曲家ですが、子どもにピエールカルダンを着せていたとは絶句! コンセプトを尖らせないとダメ、でも古参社員にそれは無理といつ主張に納得。
湯山さんとは、テレビ番組や食事など何度かご一緒してますが、ファストファッションをコーディネイトしているようには見えません。長年、服と文化に向き合っているからこその着こなし。不動産モデルとして評価されるGINZASIXですが、湯山評に一票です。
小学生から伊勢丹ってすごいですね。
しかし、こういう方でも普段着はZARA、H&Mというと、本当に中間帯は苦しいんだろうな、というのがわかりますね。
連載初回で「情報発信業」としての百貨店の強みが失われた、というコメントをしましたが、この記事でもその一点ですね。諦めて不動産業になるか、絞りこんで頑張って情報発信するか。前者は地方モデル、後者は都心モデルなんでしょう。もちろん後者もセグメントを切って情報発信、という組み合わせなんでしょうが。
湯山さんの記事がこの特集で一番今の百貨店や、それに関連する業界の動向を正面から端的に鋭く言語化されていて、非常にわかりやすく、かつ面白かったです。

個人的に考えさられたのは変化という観点。最近良く考える、会社が継続的に運営することが大前提になっていることは果たして正しいのかということにも似ていたので。何事も続けると変化が怖くなるものだし、変化を強制的に起こすためにも仕組みを考えないと、待っているのはタチの悪い緩やかな停滞。

それに加えて主役は誰なのか、という観点も頷くことが多かったです。最近聞いたエースコックの話がまさにそれで、「ハオハオ」がきっかけとなってベトナムでシェアが6割と大成功していまが、そのきっかけはデザイン。日本人が考えたデザインでは全く売れず、ベトナム人が考えたデザインに切り替えて途端に大ヒット。パッケージを検索して見ると、うん、こりゃ日本人ならボツにするな、という感じで、良くエースコックの上層部はOKを出した意思決定がとても素晴らしいな、と(参考:http://global.innovations-i.com/interview/id/index.php?id=13&interview=17)。主役には程遠い人たちの頭で考えても需要は捉えられないですね。
後半部分が面白いし、業態というものを考えさせられる。
百貨店は、多くの人にとってハレの日に買い物に行ったりご飯に行くような場であった。つまりマス向け。一方で記事での「偏らせる」事例や提案は、偏らせるゆえにマスではない。大きい店舗で最大公約数を追うという形は、考え方も多様化している中で、ニーズとしても情報発信としても機能しにくくなっているのだろうう。
にしても宝塚とかAKBとは、大胆。大胆だけど、たしかにとも思わせられる。実際に経営者だったらやれるか、というのは置いておいて…
「ものを売る」という単一機能としての百貨店に、明るい未来はないと思う。でも一方で「バーチャル」に対して「リアル」の価値が低いわけではない。

店舗を主、オンラインを従と捉える戦略を逆転させて、データが取れ横断的なビジネス設計ができるオンラインをメイン、リアル店舗は補完機能として設計するとどんなビジネスがデザインできるだろうか。

体験やイベントなどを通じた共感や深い理解などはリアルが強いから、広告ビジネスと融合させるとか、作る場のリアリティに売り場機能も追加しちゃうとか。いずれにせよ、店舗における「百貨」の必要性は薄まりそうですね。