新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

195Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日のZOZOTOWNのような革新的な成長企業を応援しつつも、チワワがどうしても嫌いになれない伝統企業がこの高島屋さんです。
老舗としてただ古いものを残そうとしてるだけでなく、企業としてなにか大事なものも守り続けているように思えるし、その結果として二子玉川みたいな新しい街の賑わいにも一役買っています。
なかなか言語化しにくい高島屋の伝統企業としての魅力は、

⑴ 大手百貨店で唯一、(失われた)過去20年で地方都市含めて店舗閉鎖を行ってない(それでも他社に負けない黒字を確保)

⑵これまた大手百貨店で唯一、常に女性の取締役がいる(日本の上場企業で初の女性取締役を出したのも高島屋)

⑶免税売場に改装するなどの過剰なインバウンド対応を行なっていない(結果としてインバウンドブームが去った後も業績は安定してる)

といったファクトが輪郭を語っているように思います。
髙島屋の木本社長のインタビュー。

髙島屋と言うと、子会社の東神開発はSC運営ノウハウに定評がありますし、JR東海と組んだジェイアール名古屋タカシマヤの好調の理由など「もっと聞くことあったかな」と言うのが正直な第一感想。

例えば、玉川髙島屋ショッピングセンターって郊外型の百貨店を核テナントとしたSCだと思うんですが、テナントに銀座英國屋が入っていたりとかなり特殊なリーシングをしている印象。マンションやオフィスビルとも連携していて街と一体化していう側面もあるんじゃないかな、確か。この中で百貨店部分がどのような役割を果たしているのか興味あります。もちろん東京近郊の富裕層エリアという特殊性あるかもですが、これを深掘りしたら、郊外型百貨店の一つの解が見つかるかもしれません。

また、ジェイアール名古屋タカシマヤは組織運営に特徴があります。ここは親会社からの出向社員はあまりいなくて、プロパー社員が地域に根付いて運営しています。これによりバイヤーさん達は、食品や衣料など扱う分野は変わっても「名古屋及び東海エリアの消費者が欲しいものは何か?」という問いに変わらずに向き合える強さがあります。他社との連携という意味では、こちらも新しい百貨店の一つの解かもしれません。

都心店という意味では日本橋再開発は非常に大きいテーマですので、
・COREDO以降の日本橋の客層変化への対応
・外商を使った富裕層リテーリングの未来形
・物売りだけなく体験型コンテンツの拡充
を軸に整理したら、これも一つの仮説になるでしょうね。

コメント書いていて、「時間が限られる中で、多岐に亘るテーマがある大企業経営者へインタビューするのって大変なんだろうな」という第二感想に落ち着きました(笑)
高島屋は「50歳代以上の方で7割占めている」という話などを聞くと、紙メディアとウェブメディアの違いに似ているようにも感じました。伝統と革新。その融合とバランスの未来像が、日本橋の新館から見えてきそうです。
百貨店が見習うべきは、TSUTAYA書店ではないでしょうか?
TSITEは地域固有の価値を追求していて、その地域のTSITEに行くことが楽しみになる。
実際に、代官山、湘南、京都、銀座、二子玉川・・・と回ってみて楽しかったです!

日本橋高島屋、新宿高島屋、玉川高島屋・・・今日はこの地域の高島屋に行こう!という発想にはならないな・・・

地域固有価値を発信することが正解かはわかりませんが、リアル店舗の価値を考える上では、大切な視点だと思っています。
チワワさん、ごめんなさい。1と2は分かるのですが…

高島屋さん、インバウンドがっつりやってます。関税免税店(duty free shop)も、tax free shopも新宿店に作っています。

もうひとつ。
インバウンドブームは去っていません。訪日客数は未だに伸び続けています。爆買いの事を指しているのでしょうか?爆買いは、消耗品免税が開始された事と急激な円安が後押ししてのショッピングシェアが拡大されただけです。既に百貨店の免税売上は前年越えしています。

少子高齢化する日本で、インバウンド対応により客数を増やす事は、もはや必須です。「新たに」インバウンドに取り組んでいるだけです。

日本は先進国の中でも一際目立って、一切観光推進をしてこなかった国なんです。

観光立国のフランスのパリのギャラリーラファイエットでは50%以上が外国人観光客による売上なのです。日本の百貨店では大手でもまだまだ10%にも満たないところばかりです。
http://ksm.fr/archives/500734
http://www.suzutaro.net/entry/2016/11/05/193042

日本人が買わないけど、外国人が買うなら外国人に向けた施策を打つのは当たり前かと思います。

話を本題に戻します。
高島屋はECに対しても常に新しい取り組みを実施してきています。

2012年にセレクトストアを子会社化。
2015年には百貨店では初の海外ECを開始。
http://www.bci.co.jp/nichiryu/article/1211

IT企業ではない為、百貨店なりに模索しながらも、既に何年も前からEC強化は推進されています。

百貨店はギフト需要で、SCやアウトレット、ファストファッション店との差別化されています。高島屋も、ギフト需要に軸を置いてEC売上の増加を試みました。

しかしもはや中元や歳暮を贈らない人が増え、ギフトも百貨店体裁を問わない若者が増えています。正直この先10年後、ギフト需要などあるものか?と思うほど減少しています。

百貨店として何を守り、何を捨てていくか、スピード感を持って対応しないと、生き残る事は難しいと思います。
他百貨店と比べて、高島屋の圧倒的に強いのは、やはりシンガポール(オーチャード通り)にあるタカシマヤ「義安城」ではないでしょうか。
タイ・バンコクでは今年、この勝ちパターンを活用し、タカシマヤシンガポールリミテッドが51%、現地の大財閥「ICONSIAM」49%で「ICONSIAM Co.,Ltd」と合弁会社を設立し大型の「サムアイ高島屋(仮称)」を出店予定。
上海、ベトナムなどはシンガポール・タイに比べるとまだまだこれからですが、どの日系百貨店も海外強化を進める中、一日の長があることは間違いないと思います。
紳士服をメンズ館として別にするのは、やめた方が良いと思います。分かり易くしているのかもしれませんが、わざわざ決められた場所(別館)へ赴く感じがして面倒臭い。1フロアなり2フロアなりを確保して、トレンドを追える売り場にしないとオジサンすら来なくなります。
分断される事のデメリットが大きい。狭い客層を更に絞り込んでいるだけでなく、自ら若者を百貨店から遠ざけている。
伊勢丹のTポイントはダメで高島屋のポンタはありなのか。
ポンタのが百貨店らしくない安っぽいイメージなのだが。。。
特集記事面白すぎて、ついつい読んでしまうね…。
「もう「百貨」と呼べるのかちょっとわからないような売り場になってしまって、高島屋の日本橋店も新宿店も、横浜店も、金太郎あめ的な店づくりになってしまったんです。お客様から見ると、魅力的な品揃えの店になっていない。今、そういうことが起きているんだと思います。」(記事引用)

日本橋店と新宿店と横浜店が金太郎飴になる問題と、日本橋で高島屋と三越が同質化したり、新宿で高島屋が伊勢丹の二番煎じとみられることの方が問題だと思う。百貨店とは本来、会社やショップブランドでなく個別の店舗のことを指す。記事で、高島屋の顧客は「50歳代以上の方で7割占めている」とあるが、これは日本橋の顧客構成が大きく年齢構成を上げているからだと思う。新宿という商圏は、もっと多様な世代や国籍、嗜好性をもった人々にアピールできる。個店ごとのポジショニングを際立たせることができれば、面白い百貨店の近未来像を描けるだろう。
この連載について
100年以上もの間、「お買い物の王者」として君臨してきた百貨店が苦境にあえいでいる。米AmazonやZOZOTOWNなどのEC企業が台頭し、消費者の購買行動はガラリと変わり始め、百貨店は多くの消費者にとって不要な存在になった。役目を終えつつある百貨店の今を、NewsPicks編集部が追った。
株式会社 島屋(たかしまや、英語: Takashimaya Company, Limited)は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く百貨店である。なお、大阪店は同社の登記上の本店である。日本百貨店協会に加盟しており、ハイランドグループを主宰している。ロゴなどで、「高」の字にいわゆる「はしご高()」の字体を用いている。 ウィキペディア
時価総額
3,815 億円

業績