新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

590Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロンハーマンの日本展開をしているサザビーリーグ三根さんのインタビュー。伊勢丹の伝説「藤巻バイヤー」のアシスタントを経て自身もカリスマバイヤーになるも、35歳で会社を飛び出した時のエピソードが面白いし、勉強になりました。

企画を次々と成功させる中で社内政治に翻弄され始め、ここで35歳にして当時の伊勢丹・武藤社長に「役員にしてくれ」と直談判されたそうです!!すごい!!ただ返事は「50歳になるまで待て。」と…経営者としては、自分から「役員になりたい」と言ってくれる若手がいることがどれほど嬉しいか、その想いを受けてやれないことがどれほど歯がゆいか、辞めていってしまうのがどれほど悲しいか…当時の武藤社長の気持ちを想像して、勝手に共感してしまいました。今だったらベンチャー子会社作ってそこの社長やらせるとか、色々と他に活かす手があったんでしょうか。経営者にとって、永遠の問いですね。

あと、「スーツはオシャレな人は着ない」って話は共感する部分もあるし、「スーツが好きなオシャレな人もいる!」とも思いました。私も三菱商事の繊維本部時代に「ネクタイしろ」と上司から怒られたことありましたね(笑)私のお客様はカジュアル寄りだったので「お客様はTシャツデニムなのに、こんなかっちりしてたら話しづらいよなぁ」と感じたのを思い出しました。一方で隣のブランドライセンスチームの先輩がバシッとスーツ着こなして商談に行くのは素直にかっこいいと思いましたし、やはりそれぞれの嗜好もあると思います!!

*昔の話思い出したので一部修正しました!
なかなか答えにくい質問かもしれないが、今伊勢丹に役員として戻ったら何をされるか、ぜひ聞いてほしかった。
書かれているように、伊勢丹は大企業だし、伊勢丹新宿店を例に挙げれば、様々なブランドが複数階の大規模店に入っている。一個の企画で大勢を変えられるわけではないと思うし、店をつくる「人」の数が増えれば、難易度が変わる。
そういった条件のなかで、どうやったら百貨店という業態は構造的に再活性化できるのか、それとももう業態としては成立しなくなってきているのか。
この姿勢が素晴らしい!消費者としてもロンハーマンは大スキです。脱力感が最高。キャリフォルニア!
「50歳になるまで待て」は辛い…。それで役員になれる保障もないし、長すぎますね。そして始められたロン・ハーマン。
欧州高級ブランドが置かれるされている一方で、いかにも西海岸なカジュアルなタンクトップなどもある自由なセレクトが、いわゆるミックステイストを広げた立役者ですよね。
高級品とジャンクを合わせると面白い化学反応が起きるのだということを教えてくれたお店です。
インテリアと服が隣り合わせに売っていて生活そのものを楽しむことを提案してくれたお店でもあり、自然と支持されたのは至極納得です。
ロンハーマン三根さん、トランジット中村さん、藤巻さんのかばん持ち出身の経営者はみなやってるブランド、コンテンツの1番のファンであり自分が一番おもしろがっている、それにみんなが楽しく巻き込まれて行く。楠木先生のいう優れた経営者の要件をピタリと満たしている。
綺麗にいうと情熱だけどちと違う。語弊を恐れずに言うなら〇〇馬鹿。これに勝てるものはない。
三根さんが講演会の冒頭で『みなさん、親孝行しよう』と語ってらしたことが忘れられません。
ロンハーマンについて、三根さんは「商品でなく空気を売っている」という言い方をします。神宮前にある本店はどの駅からも遠い場所にありますが、駐車場併設で、広いカフェもあり、ゆったりとスペースもとっていて、そのために遠方から来て、長時間滞在する客も多く、そんな立地で凄まじい売上を誇るとききます。
こういう異彩が育つ伊勢丹、そしてそういう人を引きつけるサザビーリーグの凄みを感じます
素敵なインタビュー。やはりスーパーマンのような方が、あのロンハーマン日本進出を手がけていたんですね。「50歳になるまで待て」と35歳の時に、84ヶ月予算達成の実績があるのに言われたら、即効辞めますね。そうやってタレントと多様性を失い、市場を見ず上だけ見るYesマンだけが残るんでしょうね。としょっぱいコメントですみません。。
社長室に行って、直接役員にしてくれ。という交渉は凄く面白いですね。趣旨とは逸れますが、組織が硬直化してしまうと戻すのが本当に大変。成長段階で意識していかないと、優秀な若手がいなくなりますね。
亡くなった藤巻幸夫さんの部下だったとのこと。藤巻さん、大好きでした。もっと一緒に色々とやりたかったです。
すごく勉強になる話ばかり。苦労している部分はほとんど話されていないようにも感じますが、それくらいいい思い出の方が多いのだと思います。藤巻さんの下で働けたことが一番の財産だと思いますが、言われた通りできるタフさが備わっていたということがまずは素晴らしい。
この連載について
100年以上もの間、「お買い物の王者」として君臨してきた百貨店が苦境にあえいでいる。米AmazonやZOZOTOWNなどのEC企業が台頭し、消費者の購買行動はガラリと変わり始め、百貨店は多くの消費者にとって不要な存在になった。役目を終えつつある百貨店の今を、NewsPicks編集部が追った。
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
5,428 億円

業績