新着Pick
301Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
国外への貢献も大切。ただ、日本で若年関係に予算つけようとするとつかないのに、国際関係だと、いきなり大きな予算がつくプロセスと理由がよくわからない。
タテ割り行政で外務省の予算で支援するのでしょうが、その1割でも国内の子供の貧困対策に回してもらいたいものです。
理念として間違ってはないのだが、日本の現職閣僚が言っていることに違和感を覚える。
この国は、果たして「誰一人取り残さない多様性と包摂性のある社会」なのか?残念ながら答えはNoだ。
子どもの貧困が多数出て、生活保護者に対するバッシングがまかり通り、帰化人は野党の党首にもなれない。そんな社会にいる人間が、どのツラ下げて言ってやがるんだというのが率直な感想。
それこそ「持続的」という意味では、PPAPにまとめるセンスはともかく、包摂的な成長は重要な概念です。ここでリーダーシップを取るのは良いことですね。大切なのは、田井さんご指摘の通り、自国での取り組みへの視点でしょう。国内の不満が高まれば、海外への支援が政治的に持たなくなることは、アメリカを見れば明らかです。
「『誰一人取り残さない』多様性と包摂性のある社会」を実現することが目標ですか。大変素晴らしいと思います。ぜひそれをまずは日本国内で実現していただきたいものです。日本の現状を見ていると、取り残される人がどんどん増えているようにしか思えません。

子どもや若年層の教育、保健、格差の是正などの国際支援に10億ドルの支援も素晴らしいですね。ぜひ国内でも同様の支援をしていただきたいと思います。日本の子どもを取り巻く状況は悪化するばかりですから。

そしてもう一つ、パートナーシップはSDGsの中でも重視されている概念ですが、それはけっしてお金を出して済むという話ではないことはもちろん十分にご理解いただいていることと思います。ですので、今後は金額だけではなく、実際にどのようなパートナーシップを強化していくのか、そうしたお話もしていただきたいですね。ピコ太郎で悦に入っている場合ではありません。
もし私がこのNewsPicksの記事にコメントしていらっしゃる方々と「集配一日横乗りバイト」して頂けるなら、ボロボロの廃墟の様なゴミ屋敷に住まう日本の家庭に配達してもらいます。私が知っているということは、配達がある(いわゆる通販サイト)ということです。配達先で「おじちゃんお腹すいた、なんかちょうだい」と言われたこともある。日本の子供たちを、まずは、なんとかしてほしい。切に願います。
外面ばかり。
日本の子供の貧困率は、12年ぶりに回復しても13.9%(2015年)と、欧州は10%以下の国が多い中、日本はまだまだ子供の貧困率が高い状況です。
12年ぶりに回復したといっても、OECD加盟国主要36カ国中24位です。(デンマーク2.7%、韓国7.1%)
日本の現状をご存知なのでしょうか。。。

「子どもや若年層の教育、保健、格差の是正などに取り組むための支援」、国内の支援も充実させた上でのことでしょうか。。。

http://blogos.com/article/232988/
https://mainichi.jp/articles/20170713/dde/012/040/007000c?fm=mnm
https://newspicks.com/news/2341954?ref=user_336510
https://newspicks.com/news/2332426?ref=user_336510
工藤さんのコメントに同意。

国内のこととなると予算の奪い合いで新しいことはなかなか進まないが、こんなにポーンと出てしまうと拍子抜けするというか不思議な感じがする。
SDGsは、前者のMDGsと異なるポイントは、先進国から途上国への政府間の援助ではなく、先進国自身も含むサステナブルな経済成長であり、そのためには政府だけではなく、民間も含むステークホールダーの参画を促すことです。