新着Pick
247Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
キモい
ここで例示されているアメリカのベトナム反戦運動だけでなく、日本でも70年代安保・全共闘や連合赤軍がどんどん閉鎖的・排他的になって、世間と隔絶し、内ゲバで崩壊した歴史があります。その外側で多くは四畳半フォークかユーミン的ニューミュージックという個人の心地よさに流れていった。

時代は繰り返すということなのだろうけれど、その時その時に疑問を持って、青臭くても真っ直ぐな声を上げる若者が現れることは、応援したいと思わされます。
そもそもサブカルであった運動をメインカルチャーにできずに濃縮したのだから、カルト化とかタコツボ化とか称したほうがいいのでは。
納得です。デモは社会を良くするための「手段」であるはずなのに、居心地の良い集団の中から外をただ批判することが「目的」となり、自己満足で終わってしまう。社会を変えるには、提案と議論、そして多様な人の考えに耳を傾けることが必要だと再確認できました。
高齢者のパッシングのみならず支持も阻害したという指摘は同感。しかしいちばんの理由は、反権力という主体性のない主張や行動に陥ったことではないでしょうか。
現実じゃ集まりにくいのでネットへ移行したのでは?