新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

478Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学におけるノー・エクイティでの起業支援プログラムというのはおそらくスタンフォードのStartXをモデルにしているのでしょう。StartXの場合、参加時こそエクイティのやりとりはないものの、プログラム卒業生がVCから資金調達する際にはStartXが運用するファンドがそのラウンドに一部出資する仕組みになっています。このファンドのお金の出所はスタンフォードの基金なのですが、どうやら話を聞いてみると、出資の度にキャピタルコールをかけているらしく、それほどフレキシブルなお金を大学側が準備できていることの影響が大きいのだろうと感じました。2009年に始まって、過去の参加者の調達合計額は1000億円を超えています。ほぼ日本の年間ベンチャー投資額。
StartXでは主にスタンフォード関係者の起業家を中心に担当するメンターを集めています。私もメンターを務めていましたが、どれだけ充実したアドバイザーを集められるか、どれだけ応募者を集められるかも鍵になるのでしょう。StartXの応募者の50%がPhDポスドク、10%は教職員です。

「『一見悪いように見えるアイデア』がスタートアップにとっては良いアイデアであると、シリコンバレーでは言われています」というのはポール・グラハムも述べていることで、スタートアップに携わる者の中では半ば常識化した話ではあるのですが、それは日本と比べると圧倒的に起業家の多いアメリカでは常識的なアイデアでは競合が多すぎて勝ちにくいという話。そもそも起業家の絶対数が少ない日本では、日本のみを市場と捉える限り、奇を衒うより、実はわりとストレートな事業アイデアでも相手がいないので十分に勝ちきれるのではないかと最近は思っています。大企業も他のスタートアップもなかなか攻めてこない。

いずれにせよ、東大の新たな起業支援の取り組み、楽しみです。
私が学生の頃には「東大アントレプレナー道場」という企画がありました。一期生として参加しましたが、第1回ゲストがリバネスの丸さん、第2回が現ヤフーの宮澤弦さんという、今思うと豪華な布陣でした。
東大のスタートアップ教育について整理できました。一方で、フィンランドの起業家教育について考えている自分がいます。

日本とフィンランドではその市場規模が異なりますが、人口550万人のフィンランドでははやくから起業家教育が盛んでした。

5月にフィンランドを訪れた際、NPO法人Me & MyCityが実施している起業家教育の現場に伺う機会がありました。同NPOは政府からも出資され、フィンランド全土で活動を展開しています。

小学6年生と中学3年生が対象で、体育館や博物館などでその地域にある企業のブースをチームに分けて出展します。その中には市長や議会のブースもあります。事前に出展してみたい会社の名前を挙げ、社長になりたい人を選抜し、市長も選抜する。ブースでは、いかに儲けるか、広報するかといったことが話し合われていました。

一見、キッザニアのようですが違いはその地域の会社のブースが出展されているという地域性と、一回限りではなく一連のプログラムの一つとしてこのブース出展があるという点です。

ブース出展の前には、学校で経済とは何かを身近な例を用いて学びます。例えば、レシートには何が書かれているのか等です。社会がどのようなエコシステムでまわっているかについても学びます。

日本ではお金や稼ぐことについて学校で話をすることは、政治と同様にタブー視されています。最近では、フィンテックを授業に取り入れるところも出てきましたが、まだまだ少数です。

大学での起業家教育も良いと思います。現に、フィンランドでもAalto大学は起業家養成大学として世界的に有名になりつつあります。

ただ、私自身としては大学よりももっと前に、起業家になるかどうかは別として社会のエコシステムや経済を学ぶ機会は大変重要だなと思っている次第です。
馬田さんとは産学共創推進本部でお会いしていましたが,本記事を読んで初めてそういう人だったんだと知りました.記事中の「全学自由研究ゼミナール」は教養課程(専門課程への進学前)の学部1〜2年生が選択する科目ですが,黒田さんの科目以外も多数(非常に多数)用意されています.
「本郷テックガレージ」ですが,ボーイング社からの毎年の寄附金で整備を行っています.以下,HP
http://boeing-hep.jp/entrepreneur_ship/htg.html
このHPを見ていただけるとボーイングのプログラムで他にどのようなものが東大で行われているか分かるかと思います.例えば,私が行っている「飛行ロボットプロジェクト」もその一部です.
ボーイングの取り組みは東大だけに対してではありません.日本の主要大学に広がっています.
また,ボーイングだけではありません.従来の大学の(東大の)カリキュラムにない,アントレプレナーシップ教育やモノづくり教育は企業の支援を受けながら確実に広がっています.
「東京大学アントレプレナー道場」というのも面白いかな.
https://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/activity/venture/education/dojo.html
馬田さんの「逆説のスタートアップ思考」はオススメです!
1日で読める分量でありながら、「スタートアップとは何か」を端的に理解できる内容となっています。

スタートアップ教育は、これまで「日本において正道と考えられていた考え方、生き方」とは、正反対の考え方、生き方なので、典型的な日本の教育を受けてきた日本の最高学府の東大生には、良い意味で刺激的だと思います。

日本においても本当に優秀な学生が、0から1の社会的価値を生み出すスタートアップを起業するようになれば、日本が世界でもう一度返り咲き出来るかもしれませんね。
>「一見悪いように見えるけれども、実は良いアイデア」が、スタートアップには求められます。

そもそもこれを日本のVCの多くは頭では理解していても、実行力は伴っていないなぁ、と感じます。
結果としてキャッシュが回らなければ、スタートアップエコシステムがまわりません。

その点、かなりぶっ飛んでいる弊社の企画に出資いただいているVCや事業会社は、日本での過去の投資歴が少ない傾向にあり、このバイアスを見事に断ち切っています。

スタートアップのエコシステムも、イノベーションのジレンマが起き始めていると体感しています。今後、プレイヤーがかなり変わるのではないでしょうか。
スタートアップは、急速にアイデアを成長軌道に乗せる起業とのこと。
であれば、チームメイト探しが最初の肝なのもわかる。

それにしても東大にはいろんな種の起業プログラムがあるようです。
近々次世代アントレプレナー育成プログラムEDGEに顔を出します。楽しみ。
反直感的という感覚は、説明するのがとても難しいけど、非常に重要
これが熱狂を生み出す
ここ数日FBでシェアが広がってる逆説のスタートアップの話はここが発端なんですね。
勉強します。ありがとうございます。
こういった教育プログラムで、学生のマインドチェンジを起こすことが重要
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。