新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

107Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕の職場でもトランプの悪影響を実感しています。

今夏、インド人のプログラミングスキルが高い優秀な学生をとるつもりだった。ところがトランプ就任後に「上層部の決定」というだけの理由で、外国人の有給インターンの採用の即時停止が一方的に言い渡された。(僕は怒り狂って所長にメールを書いたりした。)

この件は、昔共同研究をしていたカリフォルニア工科大学(Caltech)の先生が助け舟を出してくれた。彼の所に昔の共同研究の資金が残っていたので、それを使って、Caltechのインターンという名目でアメリカにきてもらい、その上でうちとの共同研究、ということにした。

今、彼は大活躍してくれていて、僕のプロジェクトに大いに貢献してくれている。逆に言えば、彼が来てくれなかったらプロジェクトは予定より決定的に遅れていた。

NASAの技術はこうして、世界中から集まった才能によって支えられてきた。それをトランプは骨抜きにしようとしている。愚かとしか言いようがない。あの馬鹿は、アメリカがどうやって月に行ったのか知らないのか?サターンVを作ったのは元ナチスの技術者だったことを知らないのか?本当にこの国はどうなるんだ。

そういえば、フランスのマクロン大統領が、アメリカの気候変動の科学者にフランスに来るようにYouTubeで呼びかけていましたね。しかも小学生レベルの単語と罵り言葉しか使えないトランプよりも100倍きれいな英語で。
https://www.youtube.com/watch?v=-AHhc7DTIsg

本気でマクロンにアメリカの大統領になってほしいわ。
イノベーションを生み出すためには、企業誘致と人材誘致どちらが大きく有意かとの東アジアを対象にした研究を見たのですが、ぶっちぎりで後者でした。この話は日本も笑えない
「10年後に振り返れば、トランプ効果はデータにはっきり表れているはずだ」
まさにその通りだと思います。優秀な人材をいかに惹き付けるかが将来を大きく左右します。

そういえば、20年前の香港返還の際にも、香港からカナダへの移住が急増しました。カナダの懐の深さが窺えます。
日本のFintech起業家でもトロント取引所(TSX)上場目指す方も居て、昨年末にはトーマツ共催でTSX上場セミナーなんかも行われてましたね。北米資本にアクセスし易いのと(積極誘致で)言語面含め上場プロセスが簡便と言う面があるものと思われます。
確かに(トランプ現状踏まえると)技術者/起業家にとってカナダ/トロントは有力な選択肢に。
逆トランプ効果…高度人財こそ世界中で奪い合いになっている。国家間の競争ともいえ、「敵失」に乗じて産業クラスタを育てるのは至極自然。特に、隣接していて英語圏、カナダにとっては有利な状況だろう。
日本進出企業も政治リスク、規制リスクを警戒されるとあっという間に香港、SP、ASEAN諸国に、今以上に持っていかれることを危惧させる内容ですね。
平野カールさんの言われる、プラットフォーム競争の国家版、産業集積版だとヒシヒシと感じます。

 プラットフォームの横暴、プラットフォームを利用する際に注意したいところ。利用コストの上昇、プラットフォーマーによる情報・行動制限、垂直統合リスク。プラットフォーマーが参加者を弱体化させるリスク。
 自社の現在の顧客&ネットワークの拡大と売上・事業向上を図るためのプラットフォームであることを忘れない
カナダでそんなに移民が多いとは知らなかった。オーストラリアも移民多い。このあたりも日本人の国に対する感覚が違うのだろう。カナダの夏は本当に気候が良いのでいつか住みたい。