新着Pick
934Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
水曜日のLivePicksで落合さんがスマホはなくなる的な話をされていましたが、アップルもそれを見越してプロダクト開発は行なっていると考えても全然おかしくない。この間の落合さんの話は、そう遠くない未来がすごく楽しみになる話だった。
Apple はいつも「それそれ、欲しかったんだ」なものを作り出します。次は、ソフトウエアで来るか、あとはApple Car かな。

ここに紹介されているARkitムービーはわかりやすいのばかりで頭の整理にいいです。巻き尺アプリは今欲しいな。
「スマートフォンの終わり」を準備しているGoogle、としても通ずる様な内容。iPhoneのインパクトが大きいから、特別に一つの記事として、思慮に富む記事になっているのだろうか。
ARKitはARカメラ非搭載の端末でも、簡単にAR体験が出来る所が優れている。Google Tangoみたいな専用のカメラを用いた本格的なAR機能を搭載しないのは、androidのGoogle Tango搭載端末を見ての反応なのか、アプリ開発者の開発体制が整っていないからなのか。どちらにしろ時期尚早で、急ぐ必要は無いとういう事なのかも。
2007年に論文発表されたPTAM(Parallel Tracking and Mapping)の技術を誰が社会実装かと思っていましたが、そこはAppleなのですね。GoogleのMagic leapより早くユーザの手に届きそうですね
AppleがiPhoneその次で用意していたのが本来Appleウォッチだった。ジョブズなき直後、CDOを中心に膨大な投資と人材を集めてのプロジェクトだった。
それがダメだったのでその次。
あれだけの投資をしてもうまくいかないことがある、というのは衝撃的な事例だった
手に持つタイプのデバイスはなくならないと思うけどな。単純な話、グラスだと常に身につけたいかどうかという話になる。
アップルのARkitは、どれも面白いですね。
特にトーマス・ガルシアさんは、アートやSFも含めた
美しさに富んでいる。
此れに対抗する手段?
ありますよ。藤子・F・不二雄先生の
ドラエモンのポケットですよ。
此れARの無敵のコンテンツが詰まってます。
ARKitの強みは特定のハードウェアモジュール前提のAPIだということ。昨今様々なAR関連の開発キットやライブラリがありますが、その殆どは一定の汎用モジュールを規定するのみで、エンジニアリング上の汎用性は高くともハードウェアを効率良く動作させるまでに至るものはまだありません。

一方でARKitはAppleが描くロードマップに沿った開発が前提となっているのでハードウェアとソフトウェアの開発が一体となって進むという保障が為されている。Apple製品上で動作する様々なサービスを考える時、開発現場の都合ではなく、サービス全体としてのクオリティを重視する視点から考えると、この保障はかなり大きい。
ARの動向がまとまった記事。
ふむ。
Justin Timberlakeが主演していたIN TIME的な感じで持ち金も腕に表示され、出退勤も腕をピッてやると記録される、的な世の中になるんでしょうね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。ダウ平均株価指数構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
98.1 兆円

業績