新着Pick
283Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksで広告事業に関わって、マクロミルの事業価値がよくわかりました。
データ領域はこれからまだまだ発展していくと思うので、再上場後どんな成長をしていくのか楽しみですね。
素晴らしい会社だと思うし、ユーザーでもあるが、グローバルかと言われると、直近の決算短信を見るに、売上の20%を海外で上げる一方、営業利益の海外比率は11%であり、よりグローバルな会社は沢山あるだろう。今後の成長余地だと思う。
マクロミル社とリンクアンドモチベーショングループは売上規模が同程度ですが、海外売上比率が全く異なります。

クロスボーダーM&Aは成功確率が低いですが、弊社のグローバル戦略を考える上で非常に参考になると感じました。
マクロミル、クロスマーケティング、GMOリサーチとも、「日本企業のグローバル化」や「デジタルシフトの加速」などの事業構造の変化に加え、高度化・複雑化するマーケティング戦略の必要性といった背景から、2014年以降一気にグローバル態勢シフト。

マーケティング・リサーチを2004年から追及してきた私は、2011年からこの流れに乗り遅れていることを痛感し、2014年4月の同社の非上場化、その後の海外M&Aで、追いつけないほどの差ができたと確信に変わりました。

これからは再挑戦として、同社を研究して、新たな軸を模索します!
マクロミルは学生時代にサマーインターンに参加したことをきっかけに、当時のメンターやリクルーターの方には未だにお世話になっています。とてもリスペクトしている大好きな会社。
リサーチ業者として名を馳せる同社がグローバル展開していることを初めて知りました。しかもグローバル比率が29%と高い!今後の更なる成長が楽しみです。
100%同意です。
今後1、2年で、全ての分野でデジタル化が一気に進むでしょう。

弊社の取り組むHRの分野も欧米に比べると著しくデジタルシフトが遅れており、分析しようにも分析するためのデータが揃っていない状態です。

AIを使うにしても、まずはデジタルシフトですね。
マクロミルさんがこんなにグローバル企業だとは知りませんでした。もっとアピールした方が良い。

この記事読んで、マクロミルさんとデジタルマーケティング関連でやりたいことがいくつか思いつきました。

いつかご一緒してみたい。
この連載について

業績