新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

200Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップありがとうございました。39歳の大室です。

思い起こしてみると、幼少期の頃は大晦日と元旦の線引きは今よりハッキリしていた気がします。

最近では31日の18時位までデパートはあいてるし、元旦からは初売り。一家で紅白を観る機会も減りましたし、うっかりしてると、当日になり「あぁ今日大晦日だったなぁ」と気づいた位の感覚で過ごしてしまいます。

みんな違ってみんないい時代。「節目」は曖昧になっていくのかもしれません。
そんな時代にあえてオトナと子供の境界線を引くとするならば、それは40歳ではないか。

そんな話を書きました。
先週末、サッカー中に派手に転倒して靭帯損傷中の34の私。何も言えない。

子曰く「四十にして惑わず」だそうですが、周囲を見渡してみて、40を過ぎて惑っていない大人なんて見た試しがありません。たいてい誰も彼もジタバタ、あたふたしてるもんです。私の周りだけでしょうか?
本稿の「40歳成人説」にしても、40を目前に控えた大室先生の焦りに発する「モラトリアムのおかわり」宣言であり、10年後には「50歳成人説」を声高に叫んでいることと予測します。
昨今20台・30台の起業が増えていて結構であると思う反面、30台までは馬車馬のように働き、たくさんの嫌な経験を積み、40になる前後に色々な人生の疑問に直面し、起業した自分からすると、「若ければいいというものではない」と思うこともあります。いつが「元服」なのかは人それぞれでしょうが、社会に対して責任が持てて、利他の気持ちになる余裕があるならば、その時がその人の元服なのではないかと僕は考えています。
大室先生は、以前から、思春期が延び、30歳どころか今は40歳くらいが「大人」になる時期なのではないか、というようなことを仰っていました。

だったら是非、それを原稿に…と今回の寄稿をお願いしたのですが、これが期待以上の面白さでした。

大人になるということと「諦め」の関係。そして現在、大人になるためのイニシエーションとは?

確かに女性は生理によってより年齢や老いの事実を認識するかもしれません。妊娠の可能性もそうですね。

身体は老いるのですが、それでも長寿の今、大室さんの言うように40歳は元服かもしれません。
※周りを見ていると結婚、出産の本気の考えラインも今40歳の気がします。(そして、そこから悩むパターンも多数…)

地方を取材していると80歳でも身体が動け畑に漁に、お店に、と定年なしに皆働いています。
東京だと元服したばかりなのに「もう、上がりだ」というセリフを聞き違和感を感じます。(上がり意識で、事なかれ主義に鞍替えし過ごす人も)
そして、元気なのに自宅テレビ族に…。

身体の老い合わせてですが、元服後、まさにここからの働き方を考えるときかもしれません。
一定の蓄財ができて、キャリア上この道で食っていけるという確信を持った人は、年齢が若くても落ち着きと風格を持ちます。すると、例えば30歳でも元服なのだと思います。

別の形での落ち着きは、キャリアの先(キャップ)が見えてきたことで、夢を見ることはなくなるというものです。(起業家を除くと)ほぼほぼ勝負が付いてくるのがアラフォーです。この観点からは40歳で元服
金言にあふれた40歳論。北九州の成人式の解釈が秀逸です。

動いている大室さんがご覧になりたい方は、こちらのLivePicksの動画もぜひ!https://www.houdoukyoku.jp/archives/0029/chapters/28905
40歳成人説の衝撃。確かに精神面ではうなづける部分があるけど、現実的には30半ば過ぎてからは自分を中年として受け止めないと社会的にも肉体的にも色々不都合が生じますよね。
先日会社のキックオフのコンテンツで、社長と役員と20代社員が対戦する、「万歩計競争」という、もも上げ競争に出ました。

その昔はミスター体育祭と言われるほど(実際は言われてない)のスポーツマンで、今も筋トレやフットサルなどは多少してますが、20代社員には完敗しました。

たった30秒のもも上げでしたが、その後10分程度、立ち上がれなかった。何が言いたいかというと、40歳で元服とはなかなか夢があっていいし、だからまだ子どもなのかと自分に甘く解釈しましたが、だとしたら体はどうにかせんといかん、ということ。頑張れ、自分!笑
昭和の後半の頃、確か司馬遼太郎さんが(城山三郎さんか池波正太郎さんだったかも)テレビで「今の40歳は明治の25歳。維新の英雄たちは30歳前後までに大仕事を成し遂げている」と話されていたことを覚えています。そして、いよいよ40歳が元服の時代。これは胸に落ちる指摘です。前の経産事務次官の菅原さんとシンボでご一緒した時、「今の60歳は昔の45歳。これを念頭に社会を組み立てるべきだ」と話していました。
この連載について
40歳は不惑の年と言われるが、現実には惑うことばかりだ。体力は全盛期より衰え、育児や介護など家庭責任が重くのしかかる。仕事もいま現在は「働き盛り」だが、キャリア人生を山だとするなら、あと一山も二山も乗り越えなくてはいけない。ましてや人生100年時代の到来すると言われる。寿命が伸び、年金支給年齢も上がれば、健康寿命の70歳代まで働く時代が当たり前になるはず。となると、40歳はまだ長いキャリアの折り返し地点にも来ていない。では今後、第二、第三の働き盛りを作るためには? 「40歳=若さで勝負することも、貫録で勝負することも難しい年齢」がサバイブしていく方法を模索する。