新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

227Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
CSV経営(企業が経済と社会価値の2つを満たそうとする経営)において、世界的に有名な企業が、ネスレとユニリーバです。
ユニリーバはP&Gと異なり、アジア・アフリカ・東欧といった新興国が売上の57%を占めています。石鹸や洗剤を通じて地域の衛生環境を引き上げる社会貢献プログラムを徹底的に実践することで、地域貢献と利益確保を果たしています。
日本国内でも、ビールメーカーではキリンがCSVを重視していて、地域活性化とシェア拡大を目指しています。今後、日本国内の子どもの貧困を解決することを徹底して目指し、また結果としてシェア拡大を果たす企業も現れてほしいと思います。
以下の言葉が印象的です。

「60年前、民間企業の平均寿命は67年でしたが、現在はわずか17年です。これには多くの理由が考えられますが、私は企業が社会への責任を果たさなかったために、社会に受け入れられなくなってきているのだと考えています」
社会貢献をうたうだけでは意味がない。
社会的価値の追求を競争力に変える(ブランド価値向上や市場拡大)という発想が大切なのだと改めて感じます。

(社会貢献を競争力に変えている他の例)
①キーパートナーとしてNGO・NPOとタッグを組む(自社内に非営利セクターをつくる)
サラヤは、ボルネオ保全トラストとパートナーシップを組み、社会的価値とブランド価値向上を両立している。
http://www.env.go.jp/nature/shinrin/fpp/partnership/partnership_case/saraya.html

②貧困層に対してサービス提供をすることで新しい市場を見出す
マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象にした無担保融資を行うグラミン銀行が有名な事例ですね。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080924/171523/

とにかく、今までの常識に捉われない発想でビジネスモデルを考えること。
これにつきるのかなと思います。
毎年、一橋大学の名和教授が主催するCSVフォーラムで、ワークショップをやっていますが、参加している企業幹部の熱気が高まっています。大きな流れを感じます。

2008年、リーマンショックの少し前に、HBSに経営学の泰斗と経営者が集まり、Management 2.0が提唱されました。これまでの企業中心の経営論から、社会と個人に重心が移るという宣言でした。

企業は栄えるけれど、社会の課題は深刻化していく。
個人はマルチキャリア、マルチタスク化して、もはや企業が求める組織人や会社人間ではない。

社会について企業がコミットすることは、「意識が高い」というような話ではなく、必然になっていくと思います。
民間企業の平均寿命
60年前67年→現在17年

つまり、そこで働く人間もこのスピード感で成長しなければ職を失うということ。それは昔の人が就社であり、今はそうでないことは頷けます。

そして企業もやることを15-20年に一回くらいは大きく変えないと、その市場が縮小するか、変化し、生きていけないことを表していると改めて実感させられました。

良い気付きになりました。
完全に蛇足ですが、上記のソースはどこからかと思い探してましたが、諸説ありそうですが、どの数値も過去と比べて短くなっていることは確かそうでした。そこで世界最古の企業は日本の金剛組(http://www.kongogumi.co.jp)で西暦578年創業だということを知りました。
今月、新刊『経営の針路』を刊行した元マッキンゼー日本代表の平野正雄氏も、企業は「コンプライアンス」「企業価値の向上」という2つの規範に加え、「社会課題の解決」という第3の規範にコミットしなければならない、と断言している。「社会貢献」というキーワードは、今後経営に大きなインパクトを与える要素のなるのかもしれない。

http://amzn.to/2t7P7ip
同じことは個人にも言えて、企業に求められるものが個人にも求められる時代だと感じます。まずは自社のお客さまクライアント社員にコミットし、そこから社会との接点もどう考えていくのか。
本業と関係の無い植林など、単なるイメージアップのようなCSR活動も世の中には多いですが、ブランドそのものにメッセージを込めてそれが消費者の支持を得て良いマーケティング効果を生んでいるというのは素晴らしいですね。あと全般的にこのユニリーバCEOのスピーチは素晴らしいですね。とてもパワフルで説得力のある講演です。

***
”洗剤ブランドの「サンライト」 は、南アフリカで少ない水ですすげる衣料用洗剤を発売しました。南アフリカでは手洗いの洗濯が主流で、女性たちは毎日長い時間をかけて水くみをしています。このように明確な社会貢献意識を持つブランドは、差別化ができ、競争力が高まります。社会の課題を解決しながら、より速く、利益をあげながら成長することができるのです。”

”人を採用するときには、自分の仕事を任せられる人材かを考えます。常に自分より優秀な人を採用していれば、おのずと自分も成長します。自分より劣る人を採用すれば、結果的には自分も成功することはできないでしょう。良いキャリアを築きたいならば、自分よりも賢い人と付き合うことです。”
「不満が充満している世の中で、企業が傍観者でいることは、もはや許されません。社会の仕組みが機能しなくなってしまった今、企業にはよりよい仕組みをつくる責任があります。なぜなら、機能不全に陥った社会では、ビジネスが成り立たないからです。逆に言えば、企業が傍観者をやめて積極的に社会に参加していくことは、経済的な利益にもつながります。」(記事引用)

ジム・コリンズは、『ビジョナリー・カンパニー【特別編】』の中で、企業セクターと社会セクターのインプットとアウトプットの違いから、社会セクター特有の難しさがある指摘している。企業セクターも社会セクターも、インプットは「資金(資本金、借入金)(寄付、借入金)」となる。しかし、アウトプットは企業セクターが「財務実績、株式運用成績」などお金という客観的指標で明確に評価できるのに対し、社会セクターは、「使った資源に対してどれほど効率的に使命を達成し、社会に際立った影響を与えたか」という定量化がしにくい視点となる。

しかし本記事にあるように、社会貢献活動が「経済的利益」というアウトプットを生み出すことが明らかになれば、当然より多くの企業が取り組むことになる。ただ、社会的課題は常に「外部不経済」の領域を対象にするので、最初は企業はなかなか取り組まない。そこで、社会セクターであるNPOなどと積極的に連携し、明日の顧客、明日の利益、明日の生きやすさを追求することが、ビジョナリーな会社の使命となる。そしてそのような企業は、本当の意味でブランドを確立し、持続的利益を生むだろう。
熱き魂震えました!

・傍観者に堕した企業
・社会貢献は利益につながる
・企業の価値は、評判で決まる
・自分より優秀な人を採れ
・失われた時間は、二度と戻らない

人生の為すべきことをなし得たい。

アクション!アクション!アクション!

STAY GOLD!!!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。

業績