新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

272Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「物語を創る力」に共感します。
2011年、震災という強烈な物語の中で何十万人もの人が、災害支援にコミットしていきました。
実は今でも、むしろ今こそ、東北では人を必要としているのですが、なかなか復興では人が集まらなくなっています。
続けられている人は、メディアで報じられなくとも、東北に物語を感じ、みずからの物語を重ねられる人です。
あらゆる分野の第一人者は、物語をみずから創れる人です。
日本は島国であるが故に大きく異なる価値観の人たちと触れる機会が物理的に少なく、考える刺激が少ないのは一つの大きなビハインドだと思っています。こう思うようになったのも、何の変哲もないタイへの一人の旅行がきっかけです。

例えば路上のすこぶる美味しくて激安な生ジュースをコンビニのビニール袋のようなものに入れて渡されるとか、一昔前の日本のお笑い芸人のネタをやってきて金を取ろうとする現地人とか、まぁ日本では経験しないようなことをシャワーのように浴び続ける毎日で、それは刺激的で旅行中やその後も頭はフル回転、その旅行は今でも鮮明に覚えています。

日本がダメ、とかではなく、異国の価値観に触れる経験を意識的に増やすだけでも自分の「幅」を増やすことに繋がると思っています。
一般の社会の中で自分の価値観を持つには、根性が要る。
これはほんとに。自分の価値観を認めさせる成果を出せば必要。一度、認めさせてしまえば、その後は大丈夫なのですけど。
大人になっても、山で遊んだりしながら物語を作っていますw
これからの物語を作る時のポイントは、世界観の設計とその詳細に神を宿すこと、だね。
イノベーションを起こすためには、BTC視点で考えることが大切。
B=ビジネス視点
T=テクノロジー視点
C=カスタマーエクスペリエンス視点
どれか1つだけではなく、3つの視点全てで変化を起こすこと。

石黒先生がロボット分野を追求するために哲学を学んでいるのは興味深い。
学習するときは「越境して統合する」という視点を持つようにしたい。
示唆に富む。まとめて書籍化してほしい。
幅を広げる大切さ
"働き方改革、生産性向上というのは、本質的には、無理やり働かされている人たちの問題なのでしょうね。僕は毎日24時間働いていますよ。寝ながらも考えてアイデアのメモを頭にとっていますから。究極のブラック人材ですね(笑)。服も黒いですけど。"
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。