新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

579Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
1日を振り返るということを最近は必ずやるようにしていますが、本当に自分がこれをやるべきだったのか、考える時間を十分に取れているのか、を可視化して振り返ると、出来ていないことがビビるくらい多いです。

人間考えずに作業に没頭することの方が楽なのと、中断されることは良くも悪くもあるので、意識して工夫して時間を作ることが必要。

働き方を大きく変えないと、時代に取り残されるのは明白。
動物的に過ごす時間と、人間的に過ごす時間は両方必要だと思うんですよね。そうでないと、人間的活動(知的活動)の効率が悪くなる。

スポーツもIT化が進んで、全て正解を機械が教えてくれる時代はくると思うけど、それを体現するにはやはり頭で考えていない人は取り残されていくとは思う。

スポーツ選手こそもっと勉強が必要だと思う。
そして、全ての機会が勉強だと思う。映画や舞台といったエンターテイメントに触れることもそうだし、本を読むこと、人に会うこと、未経験を経験することだったそう。

新しい扉をどんどん開いていくことが求められているんじゃないかなって思います。
しかしゴキブリという種の持続可能性を考えると人間は遠く及ばないと感じます。かつてアマゾンに暮らす狩猟採集民ヤノマミの村に2週間滞在したことがありますが彼らは数千年前とほぼ変わらない暮らしを現代も選択的に継続しています。医療は呪術なので死生率も高く平均寿命はとても低いと思いますが現代社会に比べて種の持続性は高いのではないかと思いました。
発展は人類の衰退時計の針を進める部分も内包すると思います。都市はまさに人間の「考える力」を集積して快適を追求した存在と思いますが、それゆえに持続性の問題を常に抱えて肥大しています。
なんてこともおもうから「農のある都市、農のある暮らし」なんてミッションの事業をやっているのですがそれ自体もそもそも焼け石に水的事業だなと思いながらコツコツとやっています。
石黒先生…表現方法が強烈ですね!笑

『技術の進展は、言い換えると、人間の歴史そのものです。だから僕は、「人間」=「動物」+「技術」と定義したのです。つまり、人間は技術を使う動物である、と。』

これはおよそ350年前に哲学者パスカル先生が説いた真理である「人間は考える葦である」と本質的には同じですね。確かにそう考えると、考えない人はただの「葦」だということになります。文中でいうところの「ゴキブリ」でしょうか。笑

考えることの基礎となるのが勉強であり、昨今はリベラルアーツが再燃していますが、この重要性は疑いの余地はありません。
歯に衣着せぬ石黒先生に、今回もまた圧倒されてしまいました。「人間」=「動物」+「技術」という定義。人間のおもな仕事は「勉強」になるとの指摘には、深く頷くものがありました。
石黒節炸裂中。「人生は9割教育期間になる」は名言。
朝から痛快な記事ですね笑
クリエイティブであることは、枠を壊すこと。
枠を壊すためには、常に勉強の連続ということ。

そして、勉強を何か特定の活動として捉えるのではなく、勉強=考えている状態と定義すると理解しやすいです。

身体や脳に刺激を与えて、自分の中に新しい引き出しをつくれれば、全ては勉強になる。

もう一度、自分が質の高い勉強ができているかを振り返ってみようと思います。
「スマホ運搬機」とは良く言ったものだと思います。実際、スマホ抜きで切り抜けられる生活シーンは劇的に減少しており、これは「スマホの指示を仰いでいる」状態だと思います(特に金融市場の仕事をしている限りにおいては速報は極めて重要で手放せません)。そういう意味ではもはや身体の一部(身体の拡張)です。
 しかし、石黒先生の仰るように、もはやそういう時代なのだから「スマホばかりいじって」を頭ごなしに否定するのも少し違うと考えます。問題はそれを使ってどんな付加価値を創れるかでしょう。「情報のブローカーではなくディーラーであるべき」と日々思います。
人間の主な仕事は9割は納得。制度なんかでも新しい解決法が出れば新しい問題が出てくるわけだし。考え続けない≒ご◯ぶりってのもよくわかる
人間は「人生のうち9割が勉強期間」であることに納得。

学歴=学習歴(社会人になってからの勉強期間)ととらえることも必要。

勉強に終わりなし。勉強から好奇心が生まれ、自分のコアバリューも磨きことが可能となる。

もっと勉強を推奨したい!STAY GOLD!!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。