新着Pick

ロシア国防省、シリア上空の飛翔体すべて標的に=通信社

Reuters
[モスクワ 19日 ロイター] - ロシア国防省は、米国の戦闘機によるシリア軍機撃墜を受けて、空軍が展開するシリア上空における飛翔体は、すべて標的と見なすとの立場を示した。ロシアの通信社が19日、報じた。
19Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロシア国防省からの発表では、UAVを含むいかなる航空機も、ユーフラテス川より西を飛行すれば、航空標的として地対空ミサイルが探知・追尾するとのことです。

これは直ちに攻撃するということではなく、地対空ミサイルからロックオンされると通常米軍機はEMCON(放出信号管制)レベルを上げて、自動的にミサイル回避行動に移ります。
したがって、これ以上の作戦実行の継続は困難になるという、牽制の効果を狙ったものとだと思われます。

しかし、シリア北部限定とはいえ、ロシアが米国に正面切って軍事的圧力をかけてきたのは前代未聞の出来事です。

そもそもいかにISの首都的存在とはいえ、ラッカはシリアの第六の都市であり、アレッポとデリゾールを結ぶ主要道とユーフラテス川が交差する古くからの交通の要衝として知られている場所。
しかも南西部には油田やガス田がある重要拠点で、シリア政府を無視してアメリカが一方的にその帰属を決めていいかは相当疑問が残ります。

もしアメリカがクルドによる北部シリアの事実上の独立に固執し、これ以上アサド政権軍への攻撃を続けるとなると、本当に不測の事態が起こりかねません。