新着Pick
94Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「チョコレートの真実」 http://amzn.to/2sNB9Wt を一読されることをお勧めします.
著者はカナダ人ジャーナリスト.本書冒頭で,著者は,世界のチョコレート生産の35%を占めているコートジボワールの密林奥深くに分け入り,カカオ農園で働く子供たちに出会います.子供たちは自分たちが育てた豆から何が作られるのかを知らない.自分に課された過酷な労働が,先進国の人々が愛するお菓子,チョコレートになることを知らない. カカオの生産に携わる子供たちは,チョコレートをまったく味わったことがないし,おそらくこれからも味わうことはない.
カカオの原産地は中南米.スペインによるアステカ帝国征服後,カカオはヨーロッパに伝わり,現在の我々にも馴染みのある消費方法が徐々に確立されていく.産業革命が起こると,それまで富裕層だけが楽しめたチョコレートは,労働者階級でも手に入れることができるようになり,粉末ココア,板チョコ,チョコレートバー,チョコレート菓子が作り出され,おなじみの巨大ブランド企業が誕生する.
一方.カカオ需要の増加とヨーロッパ諸国の植民地政策によって,アフリカでカカオのプランテーション栽培が進められていった.カカオの生産コストを安くするために奴隷労働が活用された.戦後,アフリカ諸国は相次いで独立を達成し,人身売買を含めて奴隷制は地球上から姿を消したはずだった.しかし,現在もコートジボワールには,監禁や折檻などを伴う奴隷労働が存在するという.しかも,子ども.なぜか?
フランスからの独立後,カカオ栽培を中心とした産業振興により奇跡的な経済成長を遂げ,西アフリカの優等生といわれたコートジボワールは,1980年代後半に,カカオ豆の暴落から経済破たんを起こす.「自由貿易」の名のもとの市場開放,内戦による武装勢力の衝突によって,コートジボワールのカカオ生産を支えていた近隣諸国からの移民労働者は去り,そんな中で復活したのが子どもの人身売買と児童労働である.
一方,先進国と巨大企業はこうした不正義を見て見ぬふりをしている.なお,フェアトレードのような取り組みが広がりつつあるが,著者は言う. 「チョコレートの本当の歴史は、何世代にもわたって、多かれ少なかれ彼らのような人々の血と汗で書かれてきた。未来を見通してみるとすれば、ずっと昔から続くこの不公正が正される見込みは,ほとんどない。」