新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

27Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
共和党議員が大統領を支えるかは、来年の議会選挙への損得勘定次第。共和党支持者がトランプから離反し始めると流れは急速に変わります。消極的な支持者ではなく、熱狂的な支持者の動向にも注意が必要です。

かつてトランプを支持した人たちには、未だに他の選択肢が示されていません。あのエネルギーは、どこに行くのか。大きな問いかけです。
英語の原典記事を読みましたが、話が行ったり来たりで、まさに支持者たちが「迷っている」様子です。中には、内心ガッカリしていても選挙でトランプを支持したことが「間違っていた」と認めたくなくて、強がっている人もいるのでは・・という気がします。

先週の共和党議員銃撃の事件で、「民主党の奴らのせいだ」とまた吠えるのでは、と心配していましたが、さすがにそれだけはやらなかったので、少し安心しました。ロシアゲートの件は、それ自体がダメージになるというより、このことで邪魔されてますます政策が先に進まないということです。オバマの素晴らしかったことの一つが、これとかクリントン夫の不倫疑惑などのようなスキャンダルを全く起こさず、徹底的に政策に集中していたことです。オバマが懐かしいです・・・
さすがにこれほど実績が乏しく、低所得者イジメがはっきりしてくれば、支持基盤も揺らいでくると思います。それでもこのまま我が道を突き進む可能性があることが、トランプ大統領の怖いところだと思います。
こうした自身の内政基盤が揺らいでくると通貨・通商政策がより先鋭するのではないかと懸念します。例えば、昨年11月9日以降でドルインデックスはほぼ横ばいですので、下げ余地という意味では小さくは無いように見受けられます。
元来、共和党は小さな政府で自由貿易推進なので、トランプの公約にはかなり無理がありました。ですので、余程効果的な財政政策が打ち出さないとかなり厳しそうですね。
各種データをみると、共和党支持者のトランプ支持者は、横ばいのものもあるので、「兆し」程度
米国民の自業自得だと思いますが、日本国民にも「他山の石」でもあります。