新着Pick
445Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
うひゃ。この記事を「おすすめ」されてしまいました。うーん。どういう立場での「おすすめ」をされちゃったんでしょうか。

わたしは上司あるいは経営者としては社員を褒めますよ。自分で会社を始めてからは特に。

逆に怒鳴ったり怒ったりは絶対にしません。「叱る」の定義にもよりますがたぶん世間的に言われるような「叱る」ってこともしていない。だって「起きてしまったことをあれこれ言ってもしょうがない」。そうじゃないですか?

わたしが怒ったり怒鳴ったりする。厳しく追及する。部下が「すみませんでした」という。そうしたらあら不思議。失敗が元に戻る。そうならなんぼでも怒ったり怒鳴ったりします。でもね。そんなことはありえません。

だとしたら怒ったり怒鳴ったりするだけ「時間」と「エネルギー」と「感情」の無駄。善後策を一緒に考える。そしてそれを一緒にあるいは指示してとっとと実行してリカバリーする。そうしたほうがお互いに気分がいい。そしてリカバリーできたらちゃんと褒める・・「これがおっちゃんの叱り方なんでしょう?」と言われれば確かにそうなんですけど。

・・ということで。わたしは皆さんの「like」のお褒めをお待ちしておりまーす( ^_ゝ
「褒められて伸びるタイプ宣言」は結構現場では聞きます。これは「自分を丁重に扱え」というメッセージにも聞こえますので正直上司受けはあまりよくないかもしれません。

一方上司側もかつてのように部下だからといってどんな𠮟り方でもOKという時代でもないように思います。

幼少期に親が情緒不安定で怒るポイントが分かりにくった育て方をされた子供は後々の情動に影響を与えると言います。

上司も多少理不尽でも「キレポイント」が分かる人はまだマシ。昨日はOKと言ったものが今日はダメ。言動が一貫しない。こういう上司に当たると部下はメンタル的にやられやすくなります。

やはり「一貫性」は大事だと思います。
自覚しているのは、私は叱られて伸びるタイプ。

過去に仕えた複数の上司や担当先のお客様から頂いた数多くのお叱り/問題点の指摘の中で、記憶に残るクリティカルなものが片手の数ほどあります。それらを「集中的に改善すべき領域(Key development areas)」と認識して逃げずに努力し、苦手分野を少しずつ克服したことが、その後のキャリア形成と仕事の幅に繋がったような気がしています
若者はあほだ間抜けだと言われて、人格を否定されるぐらいでないと伸びない。
私もそうだったから間違いない。

なんてことを言っていると、ステレオタイプの頑固親父だと思われるだろうね。
でも、そのくらいの気持ちでいないと、この競争社会で勝ち残ることはできない。
逆境上等!
叩かれても叩かれても這い上がってきてほしい。
そもそも、日本の組織は褒めが足りないと思うんです。この考え方は怒るなら当たり前で、その上に、何かフィードバックする時には、サンドイッチの鉄則を守るとよい。
褒めて、フィードバックして、もう一個別のこと褒めて、フィードバックして、3個目褒めて、ここまで。つまりフィードバックは一回2個まで!
一個フィードバックするなら二個褒める。
このやり方は以前習ったものだが、とても効果的。何よりも、やっぱりひとは、基本褒めて伸ばすものだと思うのですよ。
叱るにしろ、怒るにしろ、咎めるにしろ、ゴールは部下の行動を変えて成果を生みたい、ということなんだから、どういうプロセスなら変えられるかということにフォーカスしないと、叱る、怒る、咎めるというプロセス論になってしまう。叱る、怒る、咎めるというのは往々にして上司の側のガス抜きの部分も少なくないので、効果としてはどうなのかな、と思っている。

若い部下の多くは、ビジネスマンとしては未熟な部分も多く、自分で気づけないところも多いから注意されるべき事象も多い訳で、具体的に何が問題で、何を変えるべきなのか具体的に指摘して、どのようにしたら変えられるかを一緒に考えていった方がいいんじゃないかと思う。

と、いうことは小学生とか幼児のラグビーのコーチをしていていつも考えていることなんだけど、基本的には大学で接する学生にも、以前研修講師や人事などで接した大人にも流用できることだと思っている。
僕自身、新卒時代に「僕は褒められて伸びるタイプです。」と宣言したことがあります。あの時は何の悪気もなかったなあ。「俺はそういう特殊なやつだ」とすら思ってました。マジで勘違いも甚だしい。

で、そんな宣言を無視にボコボコにして育ててもらったわけですが、本気で感謝しています。

ただ、「怒る」と「叱る」はちょっと違う気がしていて、怒るはアンガーという怒りの感情を含んでると思っています。叱るは叱責のイメージ。私が受けた教育は、とにかく論理的だった。むしろ怒られた感はなかったなあ。クールな上司だったし。
なかなかに、難しいテーマにチャレンジですね!怒る側も怒られる側も人間であり、状況も個性も千差万別なので、一般化はなかなかに難しい、というか、無理な気がいたします。

上司と部下の関係であって、伝えたいことがあるときには、褒めるか怒るかよりも、本当に伝えたいことをどう伝えるか、そのためには自分の話術と相手の個性の双方を考慮してどうするか、ということなのかなあという感じがいたします。
自称褒められて伸びるタイプは厄介だなと思う。メンタル弱いか自己肯定感強すぎるか。