新着Pick
1128Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
正論中の正論を、今さらに大前氏が総括してくれました。こんなことは何ヶ月も前から分かっていたことですが、日本のメディアでは「トランプ氏はなかなかの曲者」とか、「世の中のエリートの方が分かっていない」とか、「実はかつてない優れた大統領」という裏読み評論が少し出てきていました。さすがの大前氏も苛立ったのでしょうか、あらためてバッサリ切っています。

アメリカ経済は決して悪くありません。それを証明しているのが、リーマンショックから復活してきた失業率です。新興企業も次々と台頭しています。唯一、対処が不十分なのは、グローバル化した企業への税制対応です。これも大前氏の指摘する通りです。しかし、それはそれとして、「中東はブッシュ元大統領の父の時代から今日に至るまでアメリカが引っ掻き回しただけで何も解決しておらず、むしろ酷くなっています。そこにアメリカの国防予算の7割を使った」とありますが、軍事にお金を使い、効果を上げられなかったことは、いわゆるムダな投資に他なりません。こんなことをしているから、国内のプア対策が後回しになったのです。社会が激しい変化を許容するアメリカだからこそ、敗者に対してのそれなりの配慮も必要です。もしトランプ政権がプア対策に本腰を入れるのであれば、「勝者を伸ばしつつ」という点にも理解をしておかなければなりません。敗者への対策は、どこまで言っても、一時的な応急措置にすぎないからです。
『これ以上強くなってどうしようというのでしょうか。世界が「アメリカよ、勘弁してくれ」というぐらい、アメリカ企業は強いのです。』

何から何まで、大前研一さんのおっしゃるとおりだと思います。
いちど大前さんを日本の貧困の現場に連れていきたいな。緩やかな衰退なんてしていなくて、実際に沢山の人が困っているわけなのだけど、それが見えていないんじゃなかろうか。

僕は代弁されない・声をあげられない人の苦しみを自分自身の痛みとして感じ(人の話を聞いて分かったフリをせず、実際に現場に訪れて人と話をして)、それでも情だけに流されず本当に何が必要なのかを考え続けられる人に、リーダーになってほしいなといつも思います。
必要十分にして正鵠を得た批判。ようするにトランプ大統領は国内の資源配分の失敗で積み上がってきた問題を外交問題にすり替えている。
なんだかガッカリするような古ぼけた国家と企業観だね。
ネットの登場によりグローバルな活動が大規模にできる会社がアメリカを中心に出現した。それは従来の国家のあり方を大きく揺さぶっているんじゃないの?
アメリカ企業が強いからアメリカファーストは既に達成されている?そんな産業国家観はいつの時代のことだよ。

アメリカの法人税制の歪みもさ、グローバルで見た無形固定資産の価値が巨額になったからなんだよね。アップルとかグーグルとかの節税はあっても、無形固定資産の価値がさほどないGMの節税とか聞いたことないでしょ。もうちょっと骨のある分析をしてほしいものだね。まあ、そうだと日本国内では受けないかもしれないけど。


【追記】
ちなみに"TRUMP"も無形固定資産だからその商標権をアイルランドに置いて税金逃れをしてないかな~。
トランプが言うアメリカ・ファーストは、アメリカ企業ファーストではないでしょう? むしろアメリカ企業ファーストへの苛立ちでしょう。

この記事の各論は総て正しいのだけれど、その総てが的外れに感じられる。

こういう尤もらしい物言い、苛立つ人々に寄り添おうとせずに批判を加える物言い、に対する抵抗こそが、トランプが選ばれ、それ以上にヒラリーが嫌われた原因そのものでしょう。
アメリカを批判する前に.
自分の国はどうなのかと。
正論です。

引用
第一、日本はアメリカが敵視するほど強くはありません。むしろ、日本ほど「うまく、静かに」衰退している国はないでしょう。

 犯罪も少ないし、失業者やホームレスがあふれているわけでもない。低成長でもこうした穏やかな国でいられるのであれば、日本はゆっくりと衰退していく世界のモデルであり、素晴らしく、理想の国だとすら言えます。
カイシャやケイザイのこと(だけ)じゃなくて、一人一人の誇りと希望の話(も)なんだと感じます 人生の半分近くを錆びてる州で、半分以上をアメリカという、陽気な自信家だけど、単純で傷つきやすい、ワタシの愛するいろんな人々がいるこの国ですごしてみた、正直な感想です
素晴らしい正論。ですが、名誉を奪われた人口に目をつけ、被害者の正義を付与して悪用すると、そこに政治権力が生まれてしまうという黒魔術への処方箋にはなっていません。
すっきり!