新着Pick
1281Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どうも神様は万民に対して公平ではないような気がする。」
なんだこの記事は(°▽°)宗教かやっかみか

出世できなかったり評価されない人は
自分の気持ちやプライドを優先させて
上司や周りを立てずに突き進んでる人が
多い気がしますね
昔の私がそうでしたので何となくそう思います

つまらない固執を捨てて火種を全て消して
仕事に邁進したら
敵だった人たちも完全に味方になり、
仕事が何倍もしやすくなりましたね

若い頃にはそれに気づきにくいし、
なにか大きな責任を負わないとなかなかできない決断だったと振り返ります
↓これは運が悪い人でなく、頭の悪い人の特徴のような...。
30代以上でこのようなunmaturedの人がいたら、お客様の前には出せず/法人間取引(プロジェクト)は任せられず、すると成果を発揮する機会がないので当然出世しません。

引用:
> 「かたや、運の悪い人の多くは、実際には責任感と正義感がある。人一倍真面目で自分にも他人にも厳しいために、上司や他人のミスを人前で指摘することを躊躇しない。原因の追及を徹底的にやるだけでなく、誰にその責任があるかまでしっかりと分析して明確にしなくては気が済まない。ひとたび欺瞞に気づくと、小さな不正でも決してなあなあにはしない。大きな目的のために小さな不備や不正をのみこんだり、清濁併せ呑む、ということができないのだ。「一言多い」というタイプである。」
①能力がなくても優秀な人を惹きつける人
②能力があっても周囲に恵まれない人
③能力がなくて周囲にも恵まれない人
④能力があって周囲に恵まれる人

抜群な成果を出すのは、①の人だったりするのではないかと思うことがあります。

能力がある、優秀、仕事ができるとはどういうことなのか?

一番大切なのは、この人が言うことだから仕方ないと思ってもらえるかどうかだと思います。
これまでの経験則では、成果がないのに出世する人は上司に従順な人、仕事は出来るのに没落する人は上司に逆らう人でした。でも、そんなので出世が決まるようではダメでしょう。
人を人がジャッジする仕組みがある以上、究極的にフェアということはない。会社として、「こういう人を評価する」ということと実態がかけ離れていないことが大事。仕事ができるのに没落してしまう人は、その会社が定義している物差しから外れてしまっているということでしかない。
全部Aiにジャッジさせたら、大変合理的なすごい殺伐とした職場になるかもしれない笑
「俺は実績あるのに出世しない」という人の成果は独りよがりだったりします。「なんかあの人上手く出世したよねー」な人は運を引き寄せられる空気の読み方をしている人も多いです。もちろん本当に不運な人、幸運なだけの人もいますが、正反対の評価を受けているのは私は見たことはない。ちゃんと仕事ができれば「没落する」ことはないのでは?
面白い話ですね。僕はなるべく人の悪口は言って来なかったつもりですが、まぁ在職中会社社会においては後者の埋没型でした。実績を上げて社長賞も何回か頂きましたが、何でも自分でやって、仕切って集中する周りへの配慮やコミュニケーションをあまり取らない悪い癖もありました。まぁ音楽業界という特殊な世界ですから、ある面仕方無しという事もありましたが、でもやっぱり会社員は、手柄取られたとか、腹立つ事なんだかんだあっても結局守られていますから、いいんじゃないでしょうか。
一般的に日本は仕事ができるより「性格が良く卒がない」人が出世するようだが、業種や組織構造によってそうでない場合もある。
昔、回路設計に関するアイディアを同僚に話したら、その同僚がそのアイディアを一人で特許申請して社内表彰を受けたと言う経験がある
組織では、自分の今の努力は後任の手柄になり、自分がいま食べてる果実は先輩が仕込んだものだから、目の前の数字や成果なんていう単純なもので出世が決まるのではない。組織構成員みんなの記憶の中に刻まれている、その人の人間としての器や格のようなもので出世が決まっている。