新着Pick
578Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも子供を作りたくない/作るつもりがない人には当てはまらない論理ね。もう一つはそもそも同い年コミュニティにどっぷりハマりすぎって事ね。
びっくりするくらい、僕が普段いろんなところでお話することと全く同じことを書かれていたので、ピック&シェア。

僕自身、19歳で父親になり、23歳(社会人一年目)でニ児の父親になり、27歳で娘が生まれて3児の父親になったわけですが、結果オーライで本当に良かったと思ってます。
---
理由1. 仕事の第一次ピークは、33〜38歳にやってくる。
理由2. 20代の遊びなんて大体同じ。40になればもっと面白い遊びができる。
理由3. 父親ではなく、我が子の年齢でコミュニティが形成される。
---
「子どもをつくるべきかどうか、いつつくるか?は個人の自由」という大前提で、完全に同意です。

※追記
とても文字数制限に収まりそうになかったので、ブログ記事を書きました。
●19歳で父親になって良かったと思える3つの理由。
https://newspicks.com/news/2314596
高い、高〜い!が、肩が上がらなくなってからでは大変です。
29.99歳で第一子が生まれた僕は、ぎりぎりこれに該当するのだろうか。僕は博士課程の真っ最中に子どもを授かった。年齢はどうあれ、時間に融通の利く学生時代に子どもを持つのはとても幸せなことだと思った。

「子供は3歳までに一生分の親孝行をする」と言われるが、おそらく僕は世のお父さんよりはるかにこの時期を堪能している。同時に、育児の大変さもよくわかったつもりだ。

激務経験のある妻でさえ「仕事の方が楽」と言う。それくらい子育ては日々格闘で、それをいくらか自ら体験し理解できたことは、僕にとっても妻にとっても良かった。
とても素敵な記事。本当にその通り。

女性だけでなく男性も、結婚・子育てで起きる人生への影響について、もっと正しく情報収集をして、合理的に人生の決断をした方が良いと思う。

結婚=不自由というどこからともなく湧いてきた固定観念に縛られて、先延ばしにするという、なんともフワッとした意思決定。。
なんていうか…あまりにガラパゴスな意見過ぎて何も言えねえ。
一言だけ、他人の生き方をくだらないとか絶対に言うな。
結婚/子供誕生以前と以後の人生の充実ぶりを比較すると、以後が圧勝するのでもっと早くても良かったなと思う。
計画通りにいかないのが人生。人生色々。べき論で語る話では無いですね。
やはり体力はねぇ。。パパ友ママ友はほとんどお若ーいんですが、たまに近い年代の方々にお会いすると、話題はコシ・カタ・ヒザに。。