新着Pick

「食の自動化機械」、人手不足を背景に熱視線

東洋経済オンライン
食の現場で自動化が進んでいる。東京ビッグサイトで6月13日から4日間開催された国際食品工業展。食品に関するさまざまな機械やロボットが一堂に集められた。寿司ロボット、菓子パン成形マシン、串刺し機、野菜の洗…
283Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
人工知能の発達でコストダウンができるようになったので更に進化が加速する
細かいところに配慮した自動化機械はとても日本らしいと思う。
厨房機械はどんどん発展していて、展示会行くと本当に楽しいです。既存店舗の導線だと導入出来ない事もあるので、今後は人手不足対応モデルで導入設計しないとです。
この分野はチャンスだし、日本でのノウハウを世界に展開できる。シャリ成形機の鈴茂さんが典型
外食産業だけでなく中食メーカーでの自動機とか実は強みがありそうな気がします
リンガーハットの野菜炒めからチャンポンの茹で工程の仕組みとか、ガンガン横展開できそうな気がするのですが
1.厳しい消費者に評価されながら、2.きめ細かい技術に磨きをかけ、3.多様な種類のものを、4.多くの中小企業が生み出す。これが日本の強み。おもちゃ、ゲーム、ラーメン、文房具、みんなそう。食の自動化機械も国内だけでなく世界市場が展望できる楽しい分野。成長を期待。
自然の流れでしょう。
コスト面も安全性も飛躍的に上がるでしょう。
食品機械は高機能化だけでなく小型化も進んで、外食・中食産業に大きく貢献していると思います。
そのうち鳥貴族も卓上串打ち機を導入する時代がくるかもしれません。
個人的には、ニッチな用途向けマシンの方が日本らしい細やかなワザが感じられて好きですね。