新着Pick
280Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごいスピードでリアル紙幣、コイン離れが進んでいます。日本は後発となりそうですが「お金」がモノではなく信頼や気持ちであるという本来あるべき姿に近づいていますね。
現状ですと日本では個人における大きなお金の流れは毎月定額の入金(固定給)と定額の出金(ローン、教育費)であり、そのパイの大きさ自体が「高所得」「低所得」のような社会的ランキングと認識されたりしています。
しかし、個人間送金が盛んになると入金、出金のあり方そのものが多様でありその時々に応じてどんどん変化していくという生き方が「豊か」だと認識され易くなるのではないかと期待します。
現状ではユニークな生き方をしている人ほど「あの人って何で稼いでるんですかね?」って言われ「あんな不確実な生き方は私にはできない」って思われてしまいがちなのが勿体無いと思ってしまいます。
日本の銀行も早くこれを構築すべきだと思う。スタートアップで出てきているサービスは、その中にあるお金の利便性が低く、引き出すにも手数料が気になるところ。銀行が行えばその点が解消されるので利便性が高くなると思う。

Zelle
https://www.zellepay.com/
参加企業
https://www.zellepay.com/partners
P2P決済を提供する初めての銀行って、銀行が介在しているならP2Pではない気が…

カード決済はカード会社が信用を元に、短期で貸し付けをやっている様なもの。
顧客にはP2Pの様に見えても、バックグラウンドでは、与信残高を確認する必要があるはず。
アプリで簡単に送金(相手の銀行口座等を知らなくとも、IDで)できる様になっただけですよね…。
日本の銀行が連携して開発するものというと、全銀協システムなどしか思い浮かばず、使いやすいスマホアプリを開発するというイメージがわかない。米国のこれはどうなのだろう。連合を組めたのは凄いと思うが、使い勝手の良いものを出せるかが鍵と思う。日本でもしやるとしたら、最近のオープンイノベーションに乗って、FinTechスタートアップが絡んで来ることにもなりそう。

※私は個人間送金を実現するKyashの技術顧問をしているが、これは完全に個人の意見。