新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

58Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
相場というのは、短期的(1年以内)には、皆が道理的に考えてそうなるだろうという方向にはいかないことが多いのです。皆がそちら方向でポジションを取るため、誰か(どこかの大きなヘッジファンドとか)が反対方向に振れば、皆慌ててロスカットをしなければならなくなり、しかも皆が同じ方向を向いていたため、その振れ幅は大きくなりがちなのです。論理的に動くのは、超短期か、長期の相場の場合に限られるというのが僕の経験則です。

今の政治経済情勢では、どうみても株価が上昇する要因は少ない。こういうときにはカラ売りを仕掛けたくなるものですが、どんな大きな含み損にも耐えて、辛抱強くそのポジションを抱えていられる人だけが勝てるように思います。
売り方で利益を出し続けるのは本当に難しいですね。相当の胆力と判断力が必要でしょう。買い方が楽というわけでもないですが、「売りは迅速、買いは悠然」とよく言われることですし、相対比較するとやはり買い方よりも売り方のほうが難易度が高いと思います。

それと様々に思案して株価が上がる要因が見出せない時、だから売りから入るというのは全面否定はしませんが、休むも相場も忘れないようにしたいものです。水準や値動きが自分の理解の範疇を超えている場合はとくに。
専業でないんですから待てば海路の日和ありですよ。
どんどん面白くなって来ます。
日経平均が20000円を超えたと言ってもまだ上下動を繰り返してますもんね。売りポジションを出したり入れたりすれば儲かるチャンスはあったわけです。
とはいえ、この一年、どころか数年は上げ相場だったわけですから、ずっと持ってればそこそこになってる、と言ってしまったらひねくれ日記になりませんねw