新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

384Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載の本編第1回は、アリババとテンセントの創業者に焦点をあてました。アリババのジャック・マーは、ソフトバンクの孫正義会長との関係があるほか、日本語でも書籍が出ており、メディア露出も多いため、比較的情報があります。

しかし、アリババを抜く時価総額に育っているテンセントの創業者ポニー・マーは、決算報告などの機会を除けば、公の場であまり多くを語ることがありません。アマゾン日本版で「テンセント」や「ポニー・マー」と検索をかけても、ヒットする書籍がないほどです。

今回のスライドでは、二人の人物像に加えて、この2大ネット系ジャイアントのコアビジネスの概要を紹介しました(かなり多岐にわたるので主要なものに絞っています)。アリババ=eコマース、テンセント=ゲームという図式から、ビジネスが多様化しています。外国展開については、明後日6/14(水)公開の第3回でもう少し突っ込んだ内容を解説します。

明日6/13(火)公開の第2回は、NewsPicksでも話題に上ることがあるWeChat Payによるキャッシュレス生活がどのようなものか、野嶋記者による実態レポをお届けします。
アリババとテンセントの対比をまずは創業者のキャラクターや生い立ちから描いています。この両者の対決は、これはいま中国人が最も固唾を飲んで見守っていることの一つです。決済アプリでは、先行するアリババに、テンセントが追いつこうとしています。それぞれ背景となる業態は違っているので、両者はうまく共存の道を歩むのか、それとも、どちらかがどちらかを倒すまで戦うのか。今後この動きに注目するうえでも、格好の基礎となる情報を川端記者が提供してくれています。この連載、これから川端記者と一緒に担当させてもらいます。
両社とも素晴らしいが、中国政府の海外企業排斥に助けられた側面がある企業が
今海外企業買収に熱心な企業になっていることに
なんとなく割り切れないものを感じる。
騰訊の理念は中国のテック企業だけじゃなくて、すべてのテック企業に共通な話

成功品は全ては模倣品から生まれるけれど、単なるコピーで終わらせずに、それらの重要な部分をいかにローカライズするかが革新を生む鍵、これに尽きる。
両社とも既にほぼトヨタの倍の時価総額、凄まじい成長ですね。
ガラパゴスでも規模が大きく、国民の所得も増えているので、そこで得られる収益が半端無く多い。国内で得た利益を元手に世界へ打って出る積極性が、日本とは違うなと思います。
国内でしか成功出来ないと評価されることも多いけど、スマートフォンではHuaweiが日本市場で成功しつつあるし、ZTEは米国で上位にランクしている。この結果が出せるのは、中国製品が粗悪品では無いから。価格が安い事は大きな武器であるけれど、ただ単に安いだけでなく、技術力がある事も忘れてはいけない。
他国での事業参入という視点だと、国外への旅行者が多い事も積極的になれる理由かもしれません。
なかなか楽しみな連載。テンセント創業者のストーリーは意外にも全然知らなかった。
改めて時価総額ランキング、アメリカ一色にこの2社が食い込んでいってる構図で興味深い。ファーウェイもそうですが中国のメーカーだとガラパゴスから華僑をフックに東南アジアにどれだけいけるか、また経済的にはつながりの深いアフリカでどれだけ展開できるかというのがポイントですが、ネットの世界でも実現できるか。
中国での現地レポートもありそうで期待してます
私が上海にいた四年前くらいには既に大きすぎるほどの存在感があった両者ですが、そこからの伸びも圧倒的ですね。
We chatの機能も改善、追加がすごいです。
騰訊/ポニー・マーのコメントがいいですね。「成功は模倣品から来ているが単なるコピーで終わらせるのではなく、それらの重要な部分をローカライズすることが核心を生み出す鍵である」
巨大「ガラパゴス市場」で勝ち残るヒント。この連載からの学びは多くありそうですね。
2人の「マー」のまとめ解説、とても面白かったし、分かりやすかった。
さらっと纏めてあるけど、こういうの作るのって相当に大変だと思う。

ジャック・マーが昔は失敗が多くて努力家な感じと思ったけれど、ポニー・マーはどんな感じか。2人の人間的な共通点があるかちょっと気になった。

中国地理がよくわからん(個人のリテラシーの問題)ので、地図とかあるとより嬉しかったです。
この連載について
今、中国のIT系企業が世界を舞台に急成長している。孫正義が見出した起業家ジャック・マーが率いるアリババ、そして、13億人をキャッシュレス生活に導くテンセントは、時価総額で世界トップ10入りを果たした。ファーウエイ、レノボ、シャオミといった多数のユニークな中国IT系企業も勃興し、世界市場で存在感を強める。本連載では、特に注目すべき中国IT企業をピックアップし、その特徴を解き明かし、日本企業や日本人はどう向き合うべきかを考えてゆく。