新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

289Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載第3回はアリババとテンセントのインド・東南アジアでの代表的なM&Aや投資案件について分析しました。特に、2015年から今年にかけては、大きな案件や注目案件が次々と現れました。eコマース、電子決済、ゲーム、プラットフォーム。まるで2頭の巨大な龍が、アジアに生息するユニコーンの争奪戦を繰り広げているかのようです。扉写真はそのイメージ。

今回の記事ではテンセントやロケット・インターネットといった関係企業へや、ベンチャーキャピタリスト(人気ピッカーの蛯原健さん)に対する取材
でのコメントも引用しています。

ソフトバンクがリード投資家で中国2社の双方やどちらかが参加するケースもあり、この3つの巨大プレーヤーがアジアを席巻しています(2社だけでも記事以外の多くの案件があり、ソフトバンクも含めて網羅的な調査をしたくなりました・・・)

アリババとテンセントの投資案件は、アジアだけに限りませんので、世界のベンチャー/スタートアップ投資における重要なプレーヤーとなっていると言えます。

日本語メディアでも案件ごとには報じられますが、その焦点はソフトバンクというケースが多いです。本記事ではアリババとテンセントという視点から、かつ、重要案件の背景を含めて分析したもので、他ではあまりみられない視点で構成しました。ぜひ、お読み下さい。

特集「中国ITジャイアント」のバックナンバーはこちらから。
https://newspicks.com/user/9467

追記:H Hiroyukiさん、ご指摘ありがとうございました。その通りでしたので修正を致しました。今後、十分に気を付けます。
取材頂きました。

アジアは「AT戦争」の戦場です。
そしてラジカルな言い方ですが、アジア各国のネット経済圏をめぐりこのAT(アリババテンセント)と米国GAFA(グーグルアップルフェイスブックアマゾン)は植民地化戦争をしています。
GAFAとATの収益性は国民国家の徴税能力すら超えてしまいました。恐らく日本国民の少なからずは国に納める税金よりGAFAに沢山のお金を(企業が納める莫大な広告費という間接的支払含め)貢いでいるでしょう。シンガポールに住む私はネットスーパーRedmartやECのラザダで買い物し日々せっせとアリババに貢いでいます。

この戦争のミクロの実態をこのシリーズに川端さんが見事にまとめておられます。
連載今日の回は川端記者の貴重なレポート。というのも、アジアでアリババとテンセントがいかに浸透していっているかは、ほとんど体系的に伝えられていないからだ。国内や海外の市場で調達した豊富な資金の使い先を、彼らは必死に探している。国内ではシェアバイクなど新規事業に流れいくし、海外では当然有望企業に食指を伸ばすのだろう。彼らは日本市場にも関心を持っているはずだが、いろいろな噂は耳にするが・・・
記事も大変面白かったが、記者の川端さんのコメントで、アリババ、テンセントの双龍にソフトバンクが割って入った3強のいう捉え方がなるほどと思いました。そしてアリババもある意味ソフトバンクチーム。アジア争奪戦ですね
日本企業も買収されはじめるだろう
Lazadaはベトナムではまだそこまで見ないけれど、着実に拡大しているようです。
まだ周囲のベトナム人からECの話自体をあまり聞きませんが、2,3年後には皆使っているのでしょうね。
amazonはどうするんでしょう。
BATの影響力は中国だけでなく、アジアにここまで広がってたんですね。
この連載について
今、中国のIT系企業が世界を舞台に急成長している。孫正義が見出した起業家ジャック・マーが率いるアリババ、そして、13億人をキャッシュレス生活に導くテンセントは、時価総額で世界トップ10入りを果たした。ファーウエイ、レノボ、シャオミといった多数のユニークな中国IT系企業も勃興し、世界市場で存在感を強める。本連載では、特に注目すべき中国IT企業をピックアップし、その特徴を解き明かし、日本企業や日本人はどう向き合うべきかを考えてゆく。
阿里巴巴集団(アリババジタン、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
50.6 兆円

業績

業績