新着Pick

​「営業」って実はすごい仕事

cakes(ケイクス)
だれでも一度は「クリエイター」に憧れるもの。才能と発想力で、作品を生み出す唯一無二の存在。そんな話をbar bossa店主・林伸次さんが広告業界の友人にしたところ、実際は全然違うんだとか。「クリエイターは代えがきくけど。『営業』は代えがきかない」。普通逆に思ってしまいますが、それは一体どういう意味でしょうか?
2335Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
営業はすごい、と言ったら完全なるポジショントークですね。

どんな仕事でも大変だと思いますが、営業の難しさは当たり前ですが、お金を創り出すこと。新規の開拓、既存顧客からのリピートオーダーの拡充、それぞれに難しさがあります。

どんな製品やサービスの状態であっても、顧客に嘘をつかず、信頼を勝ち取り続けるために、営業は絶対に逃げてはいけない、むしろ顧客にとってメリットをもたらすために自社内と戦う会社の顔でなければならないのです。

苦しい時は沢山ありますが、契約とともに、顧客が苦楽を共にした時あなたが営業で良かった、と言ってくれることが本当に嬉しいことです。

かつてはトラブルに対峙せず、結果売り逃げになっていた時期もありましたが、大先輩の「トラブルで失墜した信頼を回復した時ほど、強固な信頼関係はない、そうなったら何でも売れるよ」という言葉に鳥肌が立ち、一念発起して逃げれない既存顧客のチームに異動して、自らその組織の立て直しに従事した経験は今でも武器になっています。

仕事をしていて思うのは、それぞれの仕事の難しさを理解し、リスペクトがない人とは、良い仕事はできないということ。「だから営業は…」「だからエンジニアは…」という人に仕事のできる人はいないですね。この気持ちは仕事する上では絶対に忘れちゃいけないことだと思います。
確かに、ヒットして多くの人々の心に残るようなものは滅多にないので、クリエイターの価値を重視しすぎることはないのかもしれません。

広告代理店でなくても「営業」はすごい仕事ですよ。
何と言っても「営業」が稼いでくるのですから。
回収エンジンがなければ営利企業は成り立ちません。

野村證券は、ボーナスの基準を営業職と事務職で2分し、営業職のボーナスを高めに設定していました。
「稼いだやつが一番偉い」…営利企業にとって当然ながら、これが野村の強さです。
営業が、すごく難しいけれど面白くて奥が深い仕事であるのは間違いないと思います。
特に、この記事にもある広告代理店なんかもそうですが、B to Bの営業。

この記事では頭を下げたり、夜中まで走り回ったりという、気をつかだたり頑張ったりの側面が前面に出されていますが、どのタイミングでどの話法で、どういう条件で、どう商談をまとめるかとか、どういう手立てライバルから顧客を奪取するのかなど、極めて戦略的な側面も非常に重要で高度です。

頭脳も、ハートや胆力も、行動力もコミュニケーション力も、全て高いレベルで求められる、そして明確に結果が出る、いわば“統合的格闘技”のような職種だと思います。

【追記】
予想外に「like」をたくさん頂いたので、念のために追記しておきます。

「営業は、頭脳もハートや胆力も行動力もコミュニケーション力も、全て高いレベルで求められる、奥の深い凄い仕事」と書きましたが(そしてその評価は間違っていない信念もありますが)、
私自身は、営業まったくダメです。
コンサルティング会社に入る人(特に新卒)って「営業とかやりたくないなあ」という人が少なくないのですが(もちろん自分もその一人です)、マネージャーから上は結局「営業」の仕事になります。形がないものを売ってるので、いわゆる世間的なイメージの「営業」とは違いますがされど営業的要素は大きい。論理的な紙が書けるだけでは仕事は取れない。ここが大きな壁になる人が多いのも現実です
噛み締めたいのはここ

>で、いちばん大事なのは、そしてそういう人間関係って、「旬」とか「もう古い」ってことがないってことなんです。そういう人間関係が一度構築できたらずっとその関係を続けていけます。結局人がお金を払ったり動いたりするのは、その人がどれだけ信頼できるか、どれだけ誠実なのか、今までどれだけ自分に利益を与えてくれたかっていうことの積み重ねなんです。
バックオフィスの人間としては、営業さんに誇りと自信を持って働いてもらえるような環境整備をしっかり進めたい。
この表題に驚き。営業は凄い仕事だと思われていなかったとの意味だろうか?いつから変わってしまったのだろう。
確かに、あるヘッドハンティングの人に聞きましたが、長年営業の一線で活躍していれば、それだけでかなりの引き合いがあると聞いたことがあります。
いろいろな会社のコンサルティングプロジェクトをやっていると、営業って本当にいろいろだなぁと思わされます。

形の見えづらい提案・ソリューション・人材を売る(言葉は悪いかもですが)場合は、「ちゃんとやる」力以上に、お客さんの中に踏み込んで課題を特定したり時には厳しく指摘したりといった力が必要になることがあります。

コンサルティングの営業もこの要素が多分にあります。お客さんの課題意識が本質でないと思えば否定することも必要ですし、時には「キレ芸」をやることもあります。それができるのは、お客さんと同じ目線かそれ以上にお客さんのことを考えているから。「キレ芸」を通してそれが伝わることで「こいつには任せられる」と思ってもらえたりします。もちろんキレ芸ではない営業もあります。営業スタイルって本当にいろいろです。
確かに営業がイヤという人は多いですね。若い人は特にそうかも。
そういう人は、低賃金でも日々言われた仕事を9時から5時までやるだけが理想なんだと思います。
ある程度ノルマというプレッシャーがあるからこそ、営業職は普通より高いお給料もらえるわけで、社長より高いお給料をもらっている営業職はたくさんいます。比較的時間も自由に使えるし、仕事のやり方は細かく指示されず自由高いし、私は研究職から営業に移ってよかったと思っている一人です。クリエイティブじゃないと逆に、営業の仕事はこなせないと思います。ボケない職業No1は営業職、逆にボケやすい職業はNo1は公務員(教員)です。