新着Pick
446Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
人工知能で、最適な広告表現を生み出し、最適な商品説明をおこない、最適なサイトを構成するまでは、メドがたった。となると、人間のコピーライターなど、いらくなくなるのではないか、と思えるけれど、実際は、逆の結果になるだろう

マーケティング・オートメーションが流行したときも、はじめは、営業スタッフがいらなくなると、誰もが考えた。しかし起こったことは、販売結果をあげていくためには、営業スタッフを大量に雇用しなければならなくなった。

AIが人間に近づけば近くほど、人間は進化していくことになり、
よりクリエイティブな領域に挑戦していくことになる。
興味深い.何が興味深いかというと,電通は自分の仕事を奪う研究開発をしていること.あらゆる研究開発というのはそういうものだが.
AI「大喜利β君」と同じようなものか.
http://www.sankei.com/economy/news/160920/ecn1609200028-n1.html
はい。ちょっと前に予言しときました。 http://netgeek.biz/archives/93054 http://weblog.horiemon.com/100blog/42948/
テキストなので視覚的なクリエイティブと比べてかなりAI生成しやすいでしょうし、効果測定のデータと合わせて相当的確なコピーが作れそうです。

ですが一番有用なのは、AI生成コピーを元に人間のコピーライターがブラッシュアップしたり発想を補完したりすることだと思います。人間のクリエイターが、発想の飛躍が求められる部分にだけ集中できるイメージです。

AI生成脚本を元に、人間の監督とキャストが映画を作る試みもありますよね。AIの脚本を元にすることでさらに創造性が豊かになるとのこと。補完しあっていく存在になるのだと思います。
https://newspicks.com/news/1865331/
AIが作った広告、というのが一番の広告効果になるので、その時点で勝ち
記者もコピーライターもAIがとって代われる仕事になるのだろうか。これは注目の開発。
ランダムな文字列やランダムな言葉の組み合わせをひたすら表示してくれるアプリがあったら、何かのネーミングや新しい発想をもらうのに役立つだろうなと思って、そういうアプリを作ろうと考えたことがあったなぁ。

最低限のルールを守りつつビッグデータからのインサイトも踏まえつつ先入観のないものを大量に提示してくれるツールは、クリエイティブな業界ならどの業界でも役に立つと思う。少なくともブレストレベルで。
「優れたコピー」の定義は難しくても、「情報の受け手が好感を持つコピー」ならば、ビッグデータの解析から作成可能になって行くのでしょうね。
当初は人種差別的なコピーなどが作られた場合にストップをかける人間が必要でしょうが、それも「何が人種差別と言われてストップされるコピーなのか」を学んで行けば良いのでしょう。
何がいいコピーかを定義してデータセットを作る必要がある。いいコピーの定義は?なので、かなり難易度が高いと考えた方がいい。
前職のときに思ったけど、電通って実は技術力の高いエンジニア志望の学生さんとかも、採用してたりするんですよね。
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本最大手の広告代理店である。広告業界では世界五大グループの一角をなしている。 ウィキペディア
時価総額
1.46 兆円

業績