新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

348Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の専門ですが,記事にもある無人航空機(ドローン)はイスラエル生まれの技術といえます.「プレデター」(ジェネラル・アトミックス社)の元となる機体を開発したエイブラハム・カレムはイスラエル出身です.
詳しくは「無人暗殺機 ドローンの誕生」が面白い.
http://amzn.to/2rsaeMC

1973年の第四次中東戦争,エジプト軍の対空防衛網に大苦戦したイスラエル空軍が,無人の「おとり」の飛行機を開発したのが始まり.天才技師エイブラハム・カレムによる.しかし,祖国イスラエルの自らへの不遇に不満を持ったカレムは,1977年にロサンゼルスに移住して,自宅のガレージで無人航空機を作るベンチャー企業「リーディング・システムズ」を立ち上げた.そこで開発された機体の性能は当時の常識を凌駕し,やがてこのリーディング・システムズがジェネラル・アトミックス社に買収されて,プレデターを開発するに至りました.

また,自動運転に使われる画像処理技術がイスラエルで発達したのも安全保障のため.

まさに,戦争は発明の母.
必要は発明の母とは良く言ったもので、イスラエルの場合自国が常に攻撃の危険にさらされる事から非常にユニークな技術が開発されていると理解しています。
過去に何度かイスラエルの技術に触れた事があるが、R&Dレベルではとてもユニークな物が多かった。

サイバーセキュリティーに関しては、イスラエルは間違いなく最先端だと思う。
理由は、自ら攻撃をしているから。
イランの各施設が、サイバー攻撃で崩壊した事は有名だが、マルウエア攻撃を知り尽くしていれば、その対策も容易になる理屈。
攻撃技術は最大の防御技術。
私事だが、うちの中央研究所のサイバーセキュリティーチームも、元ハッカーを雇用しています。
冒頭の一文が重い。
-----
日本はビジネスのため働くが、我々は自分の命を守るために働いています。それが一番の違いです
-----
出発点が違う。
イスラエルがなぜそこまでInnovativeかという背景は、Startup Nationという本がによくまとめられている(邦訳本はこちら)。小国で敵国に挟まれており追い込まれた状況がInnovationを生み出すという観点はもちろんであるが、面白かったのは、軍隊も含めて全くヒエラルキーのない社会であるということ。フラットなカルチャーが健全な多様性のある建設的ディスカッションとイノベーションを生み出す。日本の大企業としてこの文化的要素は学ぶところが多い。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB%E3%80%81%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%80%81%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%81%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%82%92%E6%AC%B2%E3%81%97%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/4478017549
女性も2年の兵役ですか!ほー
タルピオット、8200部隊…ここに出てくる単語だけでスパイ小説が書けそうな面白さ。
勉強になりました。
大変示唆に富む記事。2年くらいイスラエルには行っていないが、今年は再訪しようと思います。
2010年にイランの核開発施設を物理的に破壊したコンピューターウィルス、スタックスネットも忘れてはならない。あれは今でも高度すぎるマルウェアだという。
この連載について
北朝鮮をはじめ、日本を取り巻く「軍事情勢」が緊迫の一途をたどっている。だが、そもそも、北朝鮮の脅威が眼前に迫ってきたのはなぜなのか。そこには、軍事をめぐるテクノロジーの発展と、さらには我々が普段目にすることのない、新たな技術をめぐる戦いが横たわっている。今、技術が「戦争」の形を変えていく中、我々は何を知り、どう行動するべきなのか。新たな軍事の最前線をレポートする。