新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

51Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人投資家の場合、株式を売りから入ってナンピンしていくと、コストが嵩んでしまうし、追い証が発生する可能性があるという問題があります。それを考えずに10年ポジションが持てる年金的に投資を続けられるなら、今は確かに売り時かもしれませんね。でも結局のところ日本の財政や地政学的リスクを考えると、超短期的には(リスク回避の)円高→株安、短期的には(有事のドル買いで)円安→株高、長期的には(日本売りで)円安→株安、超長期的には超円安→インフレ→名目的な株高というように色々シナリオ考えられるわけで、個人投資家としては短期だけ考えて動くしかないですね。
相場コメントはさておき、
「エクイティ投資家は狩猟民族で債券はインテリ」という類型化は単純ではあるが、よく分かる。
今後の相場のシナリオは様々に想定し得る状況ですが「どんなシナリオでも、財務的に損切りを迫られるようなポジションはとらない、というのが大原則だ。戦略変更でポジションを落として損切りになるのは構わないが、財務的に追い込まれてはいけない」というのはその通りで肝に銘じておきたいところですね。手詰まりになってしまうと精神衛生上も良くないですし、冷静になれずに余計判断を誤りやすくなりますから。