新着Pick

ヤマト、24日から運転手との直通電話時間を短縮 再配達締め切りも前倒し

産経ニュース
ヤマト運輸は24日から、荷物受取人からの問い合わせを運転手(セールスドライバー、SD)が携帯電話で直接受ける応対時間を短縮する。インターネット通販や再配達の増加でSDの負担が重くなり、サービス残業が慢性化している状況の改善を図る。午後8時まで受け付けている当日の再配達依頼も、締め切りを同7時へと前倒しする。
49Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近ヤマトさんで再配達するときは、専らLINEを使うようになりました。電話の自動音声は長くてプチストレスなんですよね。。

要件は「○日の○時でお願いします」だけなので、技術を使えば全然簡単にできるはずと思います。LINEはかなり簡単で使いやすいです。そして「ありがと!」とか送ると「またいつでもどうぞ」みたいな返信が来て和みます(笑)。スタンプのねこ対応・塩対応の格差もネットで話題になっていましたよね笑
https://newspicks.com/news/1899176/

LINEを使わないおばあちゃんとかには、AIコールセンターでもっと簡単になるとよさそうです。まあ、LINE使わない人マーケットではそこまでの投資に見合う規模にならないかもですね。
Amazon Prime Nowは再配達は無しで、Amazon配送センター持ち帰り、注文キャンセルとなる。これはAmazonがAmazonの荷物を運んでいるから出来る事で、ヤマト運輸は必ず荷物を届けなければなりません。コールセンターでの一括管理は効率は良いかもしれませんが、地域の事を知らない人が対応する事で、二度手間でタイムラグが生じるデメリットもあります。ラスト(ファースト)ワンマイルを自動化出来ない地域の方が多い中、アナログであっても御用聞きとして、直接ドライバーに連絡出来る余地を残した。
ドローン配送も自動運転も、天候不順で稼働不可になれば、配送出来るのは人しかいない。周りが自動運転やドローンに切り替えるほど、人の関与する非効率的な分野は手薄になるが、市場も大きいと思う。ヤマト運輸はこの市場を取れる一番近い位置にいる。Amazonに取られてはいけない。
まだ年代別で利用差があるので難しいですが、最終的には電話自体が無くなれば良いですね。
ついに24日から新たな体制でヤマトの宅配がスタート。これでSDの待遇が改善され、いい方向に進むことを期待したい。
ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
9,996 億円

業績