新着Pick
22Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
MLBではよくあることですね、身売りは。チームにも地域にも再活性化が期待されますが、必ずしも良いとは限りません。私が所属していたドジャースでは三度の身売りを経験しましたが、お金持ちの素人がステータスの為に一時所有した感じで、元々高値で転売を目論んでの買収という意図もあったはずです。今回もそんな感じです。高く売りたくて売りたくてしょうがない感じですね。そこまでの価値がある様には思えませんが、今のオーナーグループにチームビルディングのノウハウはなさそうですね。しかし、これもMLBというかアメリカです。次のオーナーがどんな方か楽しみですね。
メジャーリーグ球団は1球団あたりの売上が2〜500億円程度と、日本語の球団と規模を比べてもせいぜい3ー4倍のレンジに収まっている一方、企業価値は10倍以上の差があろうかと思います(ほぼ同時期にディールのあったベイスターズとパドレスの価値がほぼ10倍の差でした)。放送権とかそれに付随するスポンサーシップ金額の差もありますが、それ以外で特徴的なのはこのコンテンツホルダーの権利を最大限活かしたメディア事業です。30球団共同所有のMLBAMの価値は今や$12B、これに加えて、MLBAMの子会社で先日Disneyに持分33%を$1Bで売却したBamTechも孫会社として持っていて、これも球団価値の一部になります(Satoshi Yamadaのコメントにある通りForbesの記事には誤植あり)。営業権の15年償却なんていう税務メリットがあるのは知りませんでした。
http://www.globalsportscentre.com/baseball-team-values-2017-2/

日本で何でもこれを真似してコンテンツホルダーがサービスを自前化していく必要はありませんが、既存ベンダーやスポンサーに捉われず、新しいテクノロジーを積極的に採用して顧客サービスをどんどん良くしていって欲しいと思います。いずれにしても今回は買い手が冷静そうで安心しました。そろそろバブルが弾けそうな予感がしていたので・・・。
スポーツクラブの価値は、将来キャッシュ・フローに基づく経済的価値だけでなく、歴史的価値やブランド価値、CSR的価値等、現時点では可視化できていない価値がむしろ大きいと思います。
これらをどう可視化していくか、何とか考えたいです。