新着Pick
212Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前も書いたけれど、私の思う「昔のソニー」は、多くの人が想定する、ウォークマンやCD、プレステ、といった新コンセプト、新ブランドを連発するソニーではない。もっと前、業務用放送機器、デンスケなどを柱としていた骨太で先進的で信頼性を裏打ちにプロから圧倒的支持を得ていたソニーである。

井深大氏による有名な設立趣意書の筆頭は以下の文書である。

「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」

この記事で語られる新生VAIOのB to B への転換・集中や、EMSへの進出、はまさにソニーの原点への回帰。

そして「EMSも含めて、技術力から新事業が徐々に染み出していくような会社にするのが理想です。」という言葉は、私には井深大氏の設立趣意書の言葉と全く同じ意味に聞こえます。

素晴らしい!!
経営戦略の変貌が大きいと思います。小さな組織となったことにより、経営者が真っ先に考えたことが、限られた経営資源を如何に最大限活用するかであったことが記事から読み取れます。さらに、限られた経営資源ではあるけれども、SONY時代から蓄積してきたテクノロジーというコア・コンピタンスを活用していることも読み取れます。この内部資源からターゲット再定義し、そのターゲットに刺さる製品を開発していますよね。これは売れますよね。しかも、それはコストで勝負する方向でなく、結果として差別化で勝負する基本戦略となっています。どうやって儲けるか、を考えた結果としての戦略だと思いますが、昔のインテルがそうであったように、内部淘汰によって生まれる戦略は強いと感じました。これに学べる企業は多いのではないでしょうか。
興味深い展開。

――どういった企業から請け負っているのでしょう。

 講談社の「鉄腕アトム」型ロボット組み立てキットや、トヨタ自動車のコミュニケーションロボット「KIROBO mini」(キロボミニ)などですね。ロボットにはPC生産の技術が応用できます。また、「Moff Band」(モフバンド=スマホなどと連動させ、腕や足に巻いて動かすことで、疑似的に野球や楽器演奏などを楽しめるおもちゃ)も受託生産しています。
過去の自分のコメントを振り返ると、VAIOについては何度か書いていますが、初期のころは「今さらどうするんだろう」みたいな書き方で反省。
その後、3年前の2014年6月には従業員の40%のリストラを実施、新社長のインタビューに感銘を受けたのが2015年9月ですね。
https://newspicks.com/news/1164810
太田社長については「元々は大手総合商社の双日株式会社で、エネルギーの投融資、機械の販売、リテール事業などに関わっており、最終的には中国の総代表を務めたという経歴の持ち主。双日を退社した後は、本人曰く「社長請負業」をやっていた」ということでしたね。
去年の7月には黒字転換のニュースもありました
https://newspicks.com/news/1668679
VAIOがB to Bを強化するという発想はあまりなかった。むしろPCで残るとしたらBなのにVAIOはBが弱いから厳しいな、と見ていたくらいなのでここに活路を見出したのは素晴らしい。
買収価格はかなり高かった印象があるので、日本産業パートナーズさん的に投資額に見合うリターンになっているのかは分かりませんが、大企業からのスピンアウトでの再生ということで、まさにPEファンドの社会的役割を果たした事例になったと思います
ますますの商売繁盛を願う。VAIOは今はソニーではないけれど、この10年間、僕のなかでいちばんスキなエレクトロニクスハードウェアのブランドはソニー。スマートフォン、テレビ、イヤフォン、ヘッドフォン、タブレット、仕事場のPCがソニー製。カメラはリコー、アンプやCDプレイヤーはマッキントッシュ(アップルに非ず)ですが...。アップル製品だけは使わないようにしている。
「独立してよかった」という展開。すばらしい!
安売りをせず、BtoBにシフトし、外部受託のEMSも行って利益を上げる。従来のHPからの流れであるモジュール化によるコストダウン戦略の逆を行うことで、利益が出て来たことは素晴らしいことです。

但しそれはカスタマイズという考え方も含めて、引き続き、川上と川下のスマイルカーブの真ん中の組み立て技術の強みを説明しているだけであり、PCの役割が多くの用途としては既にコモディティでしかない以上、現在のVAIO の業績は早晩行き詰まると考えられます。

JIPの馬上さんもその前にIPOを行い、資金調達したカネで、違った方向を目指す必要があると思われます。
もともと、ソニーはビジネス向けのパソコンを作る能力も高かったし、家庭で遊ぶためのエンターテイメント用パソコンの生産能力も高かったってことで、本当なら、両者をバランスよく生産するビジネスを展開できたはずなのにもったいないことをしてしまったわけですね。残念❣️
SONYと切り離してコスト削減→toBへの戦略方針切り替え→SONYの開発力と品質力を維持しつつtoB向けのプロモーションで市場浸透→黒字化

素晴らしいV字回復の事例。
toC事業からtoB事業へ転換したいと考える際のケーススタディとして活用させてもらおう。

参考までに動画プロモーションだけピックアップしてみました。
VAIO|どこでも“最適” オンライン篇
https://www.youtube.com/watch?v=EzFDQsihr4g

VAIO|圧倒的なタフネス篇
https://www.youtube.com/watch?v=wtaIP6iNLOw

業績