新着Pick
83Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
随分と先の2050年とはいえ、100%再エネ化の目標は日本企業では珍しい取り組みです。

なお、グローバルのトップ企業は2020-2025年辺りを100%化のターゲットにしたりしています。BMW、アストラゼネカ、バンカメ、Googleなど
http://there100.org/companies
再生エネルギーは不安定である。
これが広がると、実際には余った電力を
販売したくなる。

それには、スマートなグリッドが必要で
グリッドをIoT 化しないといけない。

そしてそれには、セキュリティの問題が
ある為、IEC等の標準は必須である。

と言う様な事がおおよそ10年くらい
前のドイツで起こった事である。

世の中は分散化するのである。

日本では、これを上手にコントロール
する必要がある。
とうとうここまで( ̄□ ̄;)!!

リコーは、2003年から各地で自然エネ100%広告塔を建ててきましたが、ついに全社自然エネ100%とは、時代先取りですね👍

最初は大阪の中之島でしたが、太陽光39枚&小型風力26機の発電が途切れたら、系統線でバックアップせず、看板の電気も消えてしまう設定でした。『自然のご機嫌がナナメの時はあきらめよう』という大胆さにみんな驚きました。

実際に消えることは極めて稀でしたが、2003年10月21日20時頃に消えました。この日は日本シリーズが雨で順延になった日で、第1戦、第2戦の阪神タイガース連敗による阪神ファンの涙雨で広告塔も消えてしまったという説もあります。「浪速の人情溢れる広告塔や」とアッパレの声が上がったとか、上がらなかったとか😓!?

リコー、凄すぎですね✨

ちなみに自然エネ100%広告塔の話はこちらです↓
https://jp.ricoh.com/info/2014/0908_1.html
ついにリコーが宣言をしてくれました。パリ協定以降、GHGの排出を(実質)ゼロにする動きがグローバル企業の間で増えていますが、日本でもリコーが2050年にゼロ目標を掲げました。このニュースにもあるように、これが他の日本企業にも影響を与えることを期待したいと思います。

また、使用電力をすべて再生可能エネルギーに切り替える「RE100」にも、今回日本企業としては初めて参加するとのことで、これもグッドニュースです。

ニュースリリース(http://jp.ricoh.com/release/2017/0421_1.html)を見ると、「2050年にはバリューチェーン全体でもGHG排出ゼロを目指す」とさらに高度な目標も書かれています。これからもう少し詳しく聞いてみたいと思います。

いずれにしろ、これで日本国内も潮目が変わることを期待したいですね。
経済的にはわかりませんが、ある程度のコストで出来るなら、「良い事をしている企業」というイメージ戦略には使えそうですね。
素晴らしいですね!
目指さなければ到達できない。

出来ない理由を並べ立てるのではなく、やれる方法を頭使って考えるのが大事です。
株式会社リコーは、日本の事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカーである。主に複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を手掛ける。創業者は市村清。 ウィキペディア
時価総額
7,308 億円

業績