新着Pick
578Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
角井は、米国アマゾンフレッシュ会員です。
日本はプライム3900円にプラス500円とあり、年$299(3万円以上)も払っている私には衝撃的です!!

アマゾンフレッシュのインフラ網を維持することができるような料金体系ではありませんねー。

アマゾンフレッシュ開始は、先々週から、とくダネ!とJ-WAVEで、角井がひょろっと話しましたので、スクープ扱いがよかったのかもしれませんね(^^)

この続きで言いたかったことは、
「ヤマト運輸さんの今年の動きは、
 アマゾンさんをさらに強いECに進化させる!」ということ。

なぜなら、ヤマト運輸さんを使うECは、宅配サービスが落ちるため、
相対的にアマゾンさんとのサービス差が広がり、
アマゾンさんでの買い物を増やすでしょうね。
そうなると、アマゾン一強時代が来てしまいます。

楽天さん、Yahoo!さんは、なかなか一手は打てませんから、
物流レベルを上げるには、まずは、
「再配達削減」ということになるのでしょうか?
再配達NGならそのまま軒先に置いてって欲しいよね。生鮮品盗む奴なんかほとんどいないと思うし
2015年の夏頃にAmazonフレッシュの日本展開を検討中という記事がでていましたが、ついに始まるのですね。

午前8時から深夜0時の2時間ごとに配達時間を指定できるのは便利ですが、ドライバー不足が深刻化している現在、年会費3900円+月額500円の低価格な利用料金でどこまで配送網を維持できるか懸念です。

近所の高齢者の方が生鮮食品や日用品の買い物のために、タクシーを利用されている姿をたまにみます。

1万7千点を超える生鮮食料品や日用品・雑貨を一緒に届けてくれる便利なAmazonフレッシュのサービス!
Uberのフード宅配サービス「UberEATS」にもいえますが、こういう便利なサービスは、買い物難民になっている方が多い地方にこそ、本当の意味で必要なサービスですよね。
(人口過密地域しか成り立たないのがもどかしいですが)
月額500円、配送料無料の下限が6,000円うですすが、不在時には即キャンセル扱いとなって再配達は受け付けないという設計は、利用する側の心理的なハードルが高いですね。
これは注目ですよね。Amazon fresh も利用すると思います。それはそうと、Amazonでは「お坊さん便」というサービスもあるんですね。35,000円と明瞭会計となっていることや、注文すると他に何もしなくて大丈夫です。「通常1〜3週間でお届けします。」とは笑えます。仲間が利用したところ、35,000円で坊さんがアサインされて、お経は良かったが説法が「最近はAmazonさん経由で…」と愚痴っぽかったようです。Amazonは坊さんも届けてくれます。仲間の「坊さんがアサインされる」との言葉も面白かったですが。
やはりプライム会員費プラス月500円、配送費500円と、それなりに課金を織り込んだスキームですね。通常のネットスーパーとは、棲み分けになるのではないでしょうか。
今はまだセブン・イオンなどのネットスーパーのほうが商品も充実しており、且つ安心感があります。
地域によってはコンビニでも生鮮食品売っていますから、サービス拡充と地域特性を面(点ではなく)でおさえることがサービス成功の鍵となりそうです。
ここまで参入して来ましたか?
どこの野菜かと不安な面もありますが、一度使ってみたいと思います。
これはこれでどうなっていくのか興味深いですが、農家の軒先販売情報がもっと見える化すると「今採れたて」を畑に直接取りに行けるようになると思います。
時間と心に余裕があればそっちの方が豊かな食生活&暮らし方と思います。郊外ならいろいろできそう。
prime nowが三温度帯の物流になるのか。BtoCの気まぐれな発注に対応出来るなら、BtoBでインフォマートや八面六臂を簡単にリプレース出来そう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
54.8 兆円

業績