新着Pick
867Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本はイノベーションを起こしてくれそうな市場に「麻酔を刺す」のが得意。なんとなく生かさず殺さず、市場は存在するけど緩やかにしか発展しないようにしてしまう。

既得権益を守る方が楽だから、易きに流れていく。それではイノベーションは起こらない。

問題は先送りされるばかりだ。むしろ麻酔を刺すことで問題は先送りになり、解決出来ない状態になって遅れをとる。

新しいことに挑戦しないとイノベーションは起こらない。市場に麻酔を刺す、やっている振りはやめて、問題と正面から向き合う必要がある。
最後のほうの1文が重い.
”日本においてシェアリング・エコノミーが普及するためには、既得権益と大きく衝突しないことがポイントとなりそうだ。”

【追記】 なぜ日本はそうなのか? あるいはそう見えるだけなのか? 見識ある考えをお教え願えないでしょうか?
カーシェアもだが、ハコベルなどのサービスも有望だろう。
「シェアリングエコノミーはすべて善、それがうまくいかないのは既得権益のせい」という単純な構図に違和感があります。
もちろんそうした要素もあるでしょうが、民泊による住環境悪化の問題は板橋区議会でも取り上げられましたし、白タクのボッタクリ問題が人力車の時代からあったことを考えれば、ウーバーを手放しで導入するわけにもいかないのは当然です。
顧客よし、自社よし、社会よしの「三方よし」を実現して初めてイノベーションが評価されるのであって、社会性を無視した大暴れをイノベーションとは言わないと思いますけどね。
私が日本の既得権益者側の人間であれば、AirBnBやUberをボコボコに叩ききったうえで、相手が根負けして撤退したタイミングに自社で民泊なりUberXっぽいサービスを展開します。不安な海外サービスではなく安心安全な日本人によるサービスですという体裁で。
UberXと白タクのぼったくりを混同するかのような発言を目にするに、妙に記事への納得感を深めてしまいました。
既得権益が強い領域ではなかなか新規参入が起きにくい一方、ウェブサービスはFacebookやTwitter、Instagramに席巻されてしまった状況を思うと、日本のウェブサービス事業者も、もっとせっせとお金を撒いていたらよかったのかもしれませんね。

いずれにせよ、日本においてDisruptiveなんてことは、思っていても口に出さない方が良いのでしょう。以前、「グレーゾーンならやってしまえばいい」と仰っていた政治家の方がいましたが、こんな発言を真に受けてしまうような方は、悪いことは言わないので起業などしない方がよいです。
AirBnBはベイエリアでは劇的に便利でした。民泊に関しては、日本は都市部では自宅を貸し出せるスペースがないのが問題で、逆に地方のところから意図的に攻めるとか戦略が重要ですね。
Uberもベイエリアだとレンタカーしなくて良くなるくらい便利。一方、東京は十分にタクシーが走ってたし、最近JapanTaxiさんがアプリ対応もされている。

グローバルなシェアサービスの日本展開の場合は、日本は非常に便利で行き届いているものが多いので、グローバルなシェアビジネスをそのまま持ってこれないのと、率先してローカライズするには言語や市場規模的に微妙というところでしょうか?

一方、今後日本発のスタートアップを考えると、欧米市場など市場が大きくて魅力なので、良いシェアサービスが出るなら、どうにか展開したい。しかし、日本の課題やニーズが少しグローバルにとっては、ニッチなところで進みすぎてるケースもあると思っていて、タイムマシーン的にしかグローバル展開出来ない可能性もある。
一人勝ちの例として、タイムズカープラスを挙げている。
カーシェアは、狭義にはシェアリングではないと思うけど、一人勝ちであることは確か。(狭義のシェアリングエコノミーは、個人間の「不活性資産や空時間」の活用市場と定義したほうがいいと思います。こうすると、2009年頃から生まれたビジネスになるので、新しい現象の名前になります。カーシェアは90年度末からあります。)

日本はグレーゾーンを「やなりながら解決する」のではなく、ホワイト化しないとやらせない国ですね。

「これまでの状況を見ると、日本においてシェアリング・エコノミーが普及するためには、既得権益と大きく衝突しないことがポイントとなりそうだ。シェアリング・エコノミーの分野においても、日本は結局のところ、ガラパゴス型の市場展開となるのだろうか。」
シェアビジネスは日本経済にプラスかマイナスか?
バブル崩壊後の不況期、失業者が多かった頃は、「シェアビジネスや中古品販売が増えると新品が売れなくなり、一層失業者が増えてしまうので困る」と考えていましたが、少子高齢化による労働力不足の時代を迎えたので、「限られた生産能力を前提として人々が豊かに暮らすために、シェアビジネスや中古品販売は有効な手段だ」と考えるようになりました。
民泊のようにトラブルを起こすものは慎重にして欲しいですが、カーシェアリングなどは、どんどん発展して欲しいですね。
自動車会社の人、ゴメンナサイ(笑)。
確かに、民泊とウーバーは既得権益との対立があって表には出にくい。
そう考えると、カーシェアは大々的にやることができますよね。

ただし、カーシェアの「一人勝ち」は現時点のことでしょう。
東京五輪が近づいてきて海外旅行客が増えれば、実質的には民泊が大きく伸ばすのではないかと私は考えています。
整理された解説ですが、旅館業法の下宿営業の認識も必要です。24年の制定時は1週間単位での貸し出しでした。ウィークリーマンションも日本発のビジネスモデルです。デイリーマンションも考えられるはずです。民泊法違反にも旅館業法違反にもならず、不動産賃貸諸法規を順守すればいいのでしょう。私はこれを住と宿の相対化と捉えています。