新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

240Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんでもかんでも書いてるだろ、こいつマジで腐ってるな。自分で腐ってる事客観的にわかってないんだろうな笑。例えば私は著名な友人のスキャンダルのネタなんか山のように知ってるがもちろん記事にはしない。人間としてクズな行為だと思ってるからだ。大多数の人がそうだ。そうでないのは文春および週刊誌のゴシップ記者、ネットの総会屋もどきだけ。人の不幸をカネに変えている下賤の者の仕事である。
昨日のインタビューにも触れられていますが、先月、「ベッキー熱愛報道」が日本雑誌ジャーナリズム大賞受賞という嘘みたいなニュースがありました。スクープ大賞であるならまだしも、こんな記事がジャーナリズム大賞とは片腹痛いにも程があります。ジャーナリストの沽券に関わる問題だと思いますよ。日本の心ある方で「ジャーナリスト」を自任する方がもしもいるのなら、こんなものはおかしいと異議申し立てすべきだと思いますが、寡聞にしてそのような話は耳にしません。厳しい言い方かもしれませんが、そんな矜持を持ったジャーナリストなんていないと思わざるを得ないですし、そもそも日本にジャーナリズムなんてものはなかったんだろうと言われても仕方ないですよ。お願いなので、都合の良い時だけ「報道の自由」だとか「ジャーナリズム精神」なんて言葉を使わないでほしい。恥ずかしいですから。
文春は文春で、「芸能はあくまで様々な記事のうちの一つ」と仰るのなら、こんな大賞は突き返せばよろしい。「スクープではあるけれどもジャーナリズムではありません」と、なぜ辞退できないのか。
https://newspicks.com/news/2120468/
面白ければ何を書いてもいいというわけではないと言いながら性癖は書く。
首を差し出す覚悟と言いながら顔は出さない。

一体何なんだ(笑)

「表現の自由」と「プライバシー権」は常に二項対立なのでしょうが、プライバシーを侵害しておいて読者ファーストと宣うのはちょっといただけません。

政治家が変な性癖を持っていたらいけないのだろうか?

皆がいつでもどこでも聖人君子であるわけがない。

性癖や不倫などプライベートで問題があるなら当事者間で訴訟起こすなりして勝手にやればいいだけの話。

メディアには、「私」ではなく「公」に関わる部分をバンバンスクープして欲しいと思います。

【追記】

初めて「え?」と思える程の「神の手」なるものをリアルタイムに体験し、批判的コメントは全て注目コメント外へ。
確かに顔出しの部分については普通にGoogle検索すれば顔が出てきますので、何か他の特別な事情があったのかもしれず私の思慮が欠けていたのかもしれません。
基本的にプライバシー云々以外の文春の調査力には感銘を受けることが多い故の意見だったのですが、不適切な表現があったのなら申し訳ありませんでした。

【追記2】

「お!」とまた「神の手」なるものをリアルタイムに体験し注目コメントに戻ってきました(笑)
一体どうなっているかよく分かりませんが(本当は分かるけど)とりあえず明日も楽しみにしておきます。
スクープには常にリスクが伴います。今回の記事で「そのネタに首をかけられるか」という覚悟の強さを感じました。

ただ、その線引きについては、私は違和感があります。ベッキーさんの不倫疑惑を報じた時、第2報としてLINEのやり取りが公になりました。芸能人にもプライバシーはある。私にはLINEの公開は盗聴、盗撮と同列に感じました。この辺りは、個々人の感覚かもしれませんが、いわゆるラブホの出待ちは分かりますが、ラブホの部屋に隠しカメラを設置して現場写真を掲載するような、そんな「ゲスさ」をベッキー側でなく文春側に感じてしまいました。

もちろん掲載するからには訴訟的には勝てるのでしょうが、モラルの線引きはどの辺りなのか。

「わしをどこまで辱めれば気がすむんや。」山崎さんの言葉が響きます。
先日から週刊誌を批判するコメントが多いけど、とある週刊誌の編集長から読者の平均年齢は余裕で60歳を超えてて70歳近いと聞いたから、発行部数は自然と急減していくだろうし、そんなに目くじら立てる必要ないのでは。
理想論なのは承知の上ですが、世の人の好奇心を、下世話なことより科学的探求にもっと向けられないものかねえ。。。。芸能人の熱愛相手よりも、生命や宇宙の起源を知ることの方が僕は興味ある。

そうか。僕がベッキー熱愛よりも面白い宇宙の話を書けばいいのか!打倒文春。
かっこ悪いことをカッコ良く書いている記事ですねw 「AIでは出来ない」とかキーワードだけいまどき。やってることは昔ながらのゴシップ。
文春に限らず記者はものすごく孤独な仕事かもしれませんね。週刊誌の記者に追いかけられて喜ぶ人はあまりいないでしょう。取材の対象物に近づいてもなかなか褒められる事はなさそうです。
向き合っている相手からありがとうと言ってもらえない仕事ってものすごく辛い。
最低。
もっともらしい話のように記事が出来上がってますし、興味本位で読んでしまいましたが、納得できるところはひとつもありませんでした。

ちなみに、文春を買ったことはありません。需要があるからやる人がいるということなのでしょうが。。
週刊文春の編集長に求められる資質とは何かが明快に語られています。
それにしても毎週、毎週斬新なアウトプットが求められる世界は、楽ではない。楽しまないと、楽しめないと続けられない世界です。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。