新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

368Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
顔出ししろやチキンが笑。
人のスキャンダルは平気で暴いて自分は顔出ししないとかマジでクソチキン。最低の人間だな。
物書きの立場で言わせてもらいます。
 
文章は読まれなければ価値がない。

本は売れなければ意味がない。

でも、読まれればいいというものではない。

売れればいいというものではない。

卑猥な話や下世話なことを書けば、そりゃあ簡単に部数やPVを稼げるさ。

でも、書くのは売れるためじゃない。

伝えたいメッセージがあるから書いている。

僕の場合は、宇宙探査の面白さをもっと多くの人に知ってほしいから、今の連載を書いている。

読者が求めるものを書くんじゃない。売れるものを書くんじゃない。自分が伝えたいことを、読まれるように、売れるように書くのが本当のプロだ。

ただ売れる、読まれるためだけに書く文章なんて、魂のない身体と同じ。

いったい、文春の記者は何のために書いているんだろう?

他人を尾行して、写真を隠し撮りして、下世話なネタを低俗な言葉で書き散らかして、「自分はいったいなんのために生きているんだろう?」と立ち止まって疑問に思うことはないのかな?

自分のやっている仕事を、息子や娘に誇りをもって語れるのかな?

少なくとも、彼らは書くモチベーションや、生きる意味についての考えが、僕とはだいぶ違うらしい。
海外勤務していた時に何か日本から送付する雑誌一冊を選ぶ必要があり、その時選んだのが週刊文春でした。
これ一冊で「日本の今の雰囲気」をカバーできる雑誌。
新谷編集長は早稲田の同期でもあり、応援しとります!
読者が知りたいことかどうかをきわめて大切にしているという理念なのか、と大変勉強になりました。

一方で多くの人が知りたいことと、世の中に発信・拡散した方が良いことは、必ずしもイコールではない場合があるので、発信する主体が何を発信したいかの理念持っている媒体も必要だと思います。それこそまさにジャーナリズムなので、その意味で新谷さんは文春はジャーナリズムではないと仰っているのだと思います。

ちょっと違う話ですが、ある報道番組の看板キャスターが引退後のインタビューで当時を振り返り言っていたのが、「とにかく視聴者にわかりやすく、ストレスのないように」という話し方のインターフェースの話に尽きていたことに大変驚いたのを思い出します。自分が何を伝えるべきかという理念無しに(少なくとも大っぴらには言わずに)報道番組のキャスターという仕事を突き詰める人もいるのだというのはかなり驚きでした。
書く才と話す才は一致しないことも多いですが、新谷さんは話もとても巧みです。「君の名は。」と「逃げ恥」のヒット要因分析が面白い。
人の劣情に訴えるスクープ連発して「ジャーナリズム賞」というのはブラックユーモアと理解している。そういうお仕事のわけで、それを持ち上げるのもいかがかと思うし、人間すべからく「分」をわきまえるべきだろう。メディアに生きている人間は少なからずそういう仕事をしているのだ。
今日から3日間、週刊文春・新谷編集長のインタビューを掲載します。相手が相手だけに、馴れ合った質問では逆に失礼だと思い、新谷さんご自身の考えや人間像が存分に現れる問いを投げかけたつもりです。全3回、お読みいただければ幸いです。
スキャンダル報道に辟易としながらも、なぜか文春だけは買ってしまって読んでいた。この記事により、その理由を教えられました。

「おもしろい」という熱量さだけを追いかけるという姿勢なのですね。

顧客ニーズではなく、顧客おもしろさ=顧客ジョイがどこにあるか、という観点から、多くの企業のビジネスを見直してみると、まったく「おもしろさ」が足りていないことに気づきます。
『週刊文春編集長の仕事術』を今、読み終えました。
編集と格闘技選手という一見すると、関係がない職業のように感じます。ですが、ヒントがたくさんありました。

面白いことをやる。このモチベーションは強いです。
良い悪いの議論を飛び越えて、まず面白いかどうか。
ぼく自身は文春は好きでも嫌いでもないのですが、一度中を読んでみると思うのは実に多岐に渡る記事があります。不倫などのネタはほんの一部。

中でも書かれていますが、結局はそのネタを切り取り、報道する第三者やそれを受けて話題にしているのは僕らだったりします。ここは肝に命じておく必要がありそうです。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。