新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

736Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
内容、ビジョンは素晴らしい。ただ、現在ソフトバンクが保有しているOneWebの株式を、幾らでソフトバンク・ビジョン・ファンドに移すのか。ソフトバンクは高く売りたい、ファンドの投資家は安く買いたいという根源的な利益相反があり、だからこそ、通常はGP(ファンドの運営者)とファンドの間の取引は禁止されている。予告編へのコメントに書いたように、このファンドには深刻な利益相反がある。
ルワンダの大統領、カガメさんは大変やり手で、名マーケッター。「アフリカのシンガポール」「IT立国」という魅力的なコンセプトを打ち出して、外からいろんな人を呼んできました。韓国テレコム、Huawai、みな参加しています。

ルワンダは、記事にあるようにジェノサイドから立ち上がった国で、カガメさんと軍人たちが権力を握って国家をコントロールすることで平和と発展を実現しています。IT立国となるには経済活動の自由度が低く、インターネット環境も、現時点ではアフリカの他国よりどちらかというと遅れています。人口1200万という少なさも相まって起業家やそのエコシステムが生まれないのが悩みどころですが、規制やコントロールの強さは国の安定を継続させる根幹なのでしばらくはまだ変えられないですね。ただ逆説的に、強い規制のおかげで安全だし、風景はきれいだし気候もよく、住むにはいい癒される国です。
最初から最後までぜんぜん孫さんと関係ない話ですみません(_ _;)
うちのロケット会社にもお金出して欲しい。one webのロケットの補充に格安の小型ロケットは必ず必要になる
5分少々で投資を決めたとされるアリババの時と対照的なエピソード。記事にもあるように、グーグルの気球を使ったルーン計画やフェイスブックのドローンを使った計画などライバルは多いけど、ワン・ウェブだけでなく競合のインテル・サットとくっつけるなど、孫さんらしい素早い動きで衛星インターネットのデファクトと成りつつある。商業ベースに乗れば、世界中の通信会社の企業価値の合計の一部を切り取る凄い時価総額となりそう。
全ての人々の手のひらに情報を。テクノロジーは民主化を推し進め、情報は人々を力づけます。
大きな志に人生をかける人の話には勇気づけられます。
究極的には衛星インターネットはソフトバンクやスプリント含め基地局式の通信の代替競合になりえます。特にこれから基地局を建てなければならない新興国では尚更です。それが孫さんの貴重な10時間という時間を投資した理由ではと推量します。
安東さんのコメントに注目。僕も前からこれはどういうことになるのかな、と思っていた。
ヤフー、アリババ、ペッパー、OneWebと投資先なのにいつのまにか自社の計画であったかのように紹介するのは毎回すごいなと思う笑。TMTに特化したPEという独自のポジション。
これくらいのスケールの世界を変えることができる人は世界に何人いるのだろうか。
地球をまるごと高速インターネット網で包み込むーーその野望の背景に、ルワンダの「アフリカの奇跡」が関係していたとは…。孫さんと10時間話し込むのも納得の壮大なストーリーに読み行ってしまいました。
この連載について
ソフトバンクの孫正義社長が、合計10兆円の資金を集めて、巨大な投資ファンドの運営に挑もうとしている。2017年に60歳を迎える日本きっての実業家は、IT産業の未来図をデザインする、世界的な投資家になれるか。孫が目標だと語ってきた、米国の伝説の投資家ウォーレン・バフェットと比較しながら、その実力や戦略をレポートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。また、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績