新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

621Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
マネー・ショートや最近のテクノロジー業界を見てつくづく思うのは、結局資本主義というのはその思想からして資本を持つものための制度であり、トマ・ピケティが指摘した通り、r(投資のリターン)>g(市場成長)なのである。
結局よっぽど一部の人しかわからなかった初期を除き、他の市場と同じように資本中心という側面を急速に強めている。
そういう意味で、この市場で勝てるプレイヤーはテクノロジー(データ/ユーザー)と資本を両方押さえているところであり、GAFA、BATが圧倒的に強く、日本からは金融にレバレッジをかけたソフトバンクだけその戦いに加われるということなのだと思います。
おそらくはその後をGE/日立/シーメンス/鸿海などが追う形になる。
そしてこれらの企業は国というパワーを超えた強さを持つことになる。
我々は今実は大きな転換点にいるのではないだろうか。
ソフトバンクの10兆円ファンドを巡る報道は、率直なとところ、NewYorkTimesやFTなど、欧米のメディアが圧倒的に先行しています。もはやその主戦場が、日本ではなく、海外に移っているのがその理由でしょう。

それに伴って、ソフトバンクのキーマンたちの顔ぶれや役割も、さらにグローバル化が加速してゆくはずです。今回レポートした人物も、そんな文脈を知る上で、絶対に欠かせない一人です。映画の「The Big Short」を見ると、さらにこの天才金融マンの面白さがわかるはずです。

そして今後ソフトバンクの動向を知るための手がかりは、東京ではなく、ロンドンやサンフランシスコといった都市にある可能性が高いのかもしれません。
ソフトバンクのファンドには深刻な利益相反があることは別pickでコメントした通りですが、それでもGPにラジーブ・ミスラという鬼才を得たのは大きい。PEファンド(上場を含む)はアルファを取りに行くものであり、市場の熱狂から距離が置ける人材がいい。
これまた楽しみな連載だし、初回からとても読み応えがあった。マイケル・ルイスがサププライム危機の内幕を描いた名作「ビッグ・ショート」はもちろん読んだけど、ソフトバンクのファンドのトップであるミスラが登場していたとは気づかなかった。ビッグ・ショートの登場人物達がポールソン始めここ数年運用に苦戦している一方、ミスラの華麗な転身は見事
一般的にバフェットはバリュー投資、孫さんはグロース投資。全く異なりますが、手法が似ているように感じます。バフェットが孫さんのことをどう評価しているのか聞いて見たいですね
こちらの記事、取材諸々サポートしました。

それにしても、世界のIT企業(グーグル、MS)、金融界のトップや要職に食い込みまくっているインド人たちのネットワークの凄さを実感しました。
「The Big Short」とこんなつながりがあったとは驚きです。孫さん自身が、そのうち、映画になりそうです。
投資やらバフェットやら不勉強がゆえ、あまり興味がなく読むのためらった記事なのですが、読んでみたら面白すぎて驚きました。

人にフォーカスされていると細かいことはわからなくてもビジネスの全体像がとてもわかりやすいです。

こういうちょっと小難しいけど、ストーリーはおもしろいというのはイラストなどビジュアルが生きる記事だとおもったので4話もいまから楽しみです
確かにソフトバンクにジョインしたての決算発表会ではニケシュと同列で扱い、グループ全体のファイナンス戦略を司ると強調して紹介していました。
しかし映画big shortのモデルはやや誇張なんではと(笑)そう言われる人は沢山いますよね。
ちなみにインド最高学府IIT出身、ITと並んで金融産業もインド人エグゼクティブは多いんです。
世界的な人材をここまで採用できる日本で数少ない会社というか、個人と言ってもいいのかもしれないですね。

ソフトバンクという事業会社とファンド、この両社の経営をどう成り立たせて行くのか、二足三足の草鞋を履く異才の頭の中が気になります。
この連載について
ソフトバンクの孫正義社長が、合計10兆円の資金を集めて、巨大な投資ファンドの運営に挑もうとしている。2017年に60歳を迎える日本きっての実業家は、IT産業の未来図をデザインする、世界的な投資家になれるか。孫が目標だと語ってきた、米国の伝説の投資家ウォーレン・バフェットと比較しながら、その実力や戦略をレポートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.11 兆円

業績