新着Pick
339Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
時給1500円の仕事はこちらです、なんて。

伴走する、というのはNPOの育成においてもいままさにブームとなっている手法ですね。「学んだだけ」ではなく、アドバイザーが伴走することで実践して、定着することが狙いとしてあります。「どう学ぶか」という点もそうですが、アドバイザーやコーチ役とどれだけ信頼関係があるかも重要なので、「誰と学ぶか」も問われそうです。
著名な小説家でも、編集者がいないとまともに書けないという話を聞く。商業出版をしてみて、これは当たっていると実感した。書くという行為も、勉強するということも、「対話」が基本となる。「何か」あるいは「誰か」に問いかけ、答えを模索し、ひらめき、次の問いにつながる。その連綿としたプロセスが作品や学習効果となって表れる。小説家が最後は編集者のために書くという逸話に至って、伴走すること(編集者やコーチ)はある種のパートナーになっていくのだとわかる。そういう関係性は、執筆や学習に限らず、人間のあらゆる活動の基本型なのだと思う。
励ましてあげる、背中を押してあげる、見ていてあげる、その人のためにがんばろうと思う、人の伴走は教育ではかなり大事なポイント。
「ゴールから逆算する」というのは、極めて重要な事です。
意外と、これが出来ていない人が多い。
「正しい事を積み重ねればゴールにたどり着ける」と考えて、遠回りをしてしまう人が多いのです。
気をつけたいものです。

以下、引用です。
「納期=受験」というゴールから逆算して、「タスク=学習内容」を棚卸しする感覚です。
メンタリング、コーチング、プロジェクトマネジメントの合わせ技だけど、先生によって差が出そうだな。
オンラインコーチの存在は心強いですね。学生時代に欲しかった!
どこかで聞いた名前だと思ったら大学の同級生でした。凄いなー!
この連載について
リクルートマーケティングパートナーズが提供する「受験サプリ」は、2016年2月25日から小・中・高校生向けの総合オンライン学習サービス「スタディサプリ」に生まれ変わりました。