新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

695Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
分かりやすいスライド、ありがとうございます。これは本当に保存版ですね。

かつてなく緊張が高まる北朝鮮情勢。ネトウヨと言われるかもしれませんが、日本も自分たちを守る手段を真剣に考える必要があると思います。我々は「専守防衛」がモットーで、相手が領海や領空に入ってきたら守るだけですが、それってある意味、即本土決戦を意味します。それってめちゃくちゃ怖いな、と思うようになりました。
安全保障について理解するには、基本的な数字から把握する必要があります。質が重要な時代でも、まずは数を押さえてから、テクノロジーや情報力でどうするか、となります。

今回の特集は北朝鮮フォーカスですが、スライドは世界・東アジアという視点から俯瞰的に作成しました。北朝鮮関連はもちろん、中国の安保政策のポイントや南シナ海についてコンパクトに触れています。

デザインは、編集部インターンの福田さんが担当。
https://newspicks.com/user/101271
(興味深い英語記事やUber/Netflix/Airbnb、スポーツ記事などのpickをコツコツ続けている)

なお、中国については、過去に連載しています。2年近く前ですが、基本的な理解にはまだ役立ちます。今日のスライドは下記連載で使った資料をアップデートし、朝鮮半島の比重を大幅に高めました。

『チャイナショック』(2015年9月14〜10月4日、21回連続連載)
https://newspicks.com/user/9220

このうち、南シナ海についてシンガポールの有識者にも取材した記事は以下です。新しい出来事はありますが、中国の基本方針はほぼ変わっていません。
「ASEANに迫り来る、巨大化する中国」
https://newspicks.com/news/1178343

「『南シナ海問題』は日本にとって対岸の火事ではない」
https://newspicks.com/news/1180319

明日は、マンスリープロピッカーの武貞さん、神保さんへの取材をベースとした記事です。日常的な報道では断片的なものが多いですが、俯瞰的な理解ができるよう記事を執筆中です。

本連載バックナンバーはこちらから
https://newspicks.com/user/9456
明らかに火薬庫状態だ東アジア。ミリタリーバランスは定量的なものだけではなかなか強弱の説明がつかないのがいいところで、曖昧なわかりにくさが無いと永遠に軍拡競争になるわけだからね。はっきりとしたパワーよりも、隠し持ってそうなパワーの方が怖いからね。切れたらやばそう的な。やばそうパワーで言えば北朝鮮は天才的だよね。あ、日本って情報機関がないよねちゃんとした。戦車の数より、情報武装で遅れをとってるのが一番心配。そして、我々ビジネスの人にとっては、平和が全ての前提。
これを纏めたスタッフの方のご苦労が目に浮かびます。これまでのところ、欧州とアジアのパワーバランスは、世界に君臨する米軍の動向次第というところなのですが、この20年の中国の台頭は不気味。不毛な軍拡競争は軍需産業を潤わせるだけなのだけど、これが人間の性なのでしょうか。
これは貴重な資料ですね。保存します!
付け加えるならば、GDP対軍事費の比率があると、さらに各国事情がよく見えてくると思いました。つまり経済力のどれくらいを軍事に割いているのか、ということです。

国防費総額としてはランクの低い北朝鮮ですが、GDP対比では最も高い23.3%です。
ほかは米国15位(4.3%)、ロシア20位(3.8%)、中国68位(2.0%)、日本136位(1.0%)。
2016年米国務省資料です。
ここまで分かりやすく日本を取り巻くミリタリーバランスを分かりやすくインフォグラフィックスでまとめられた記事初めて読んだ。特に、沖縄の東アジアにおける地理的重要性の理解は必須
国防費で見ると、日本は北朝鮮の5倍、中国はさらにその4倍、アメリカはさらにその3倍。

知らないファクトばかりでした。規模感が手近にわかるのは大変ありがたいです。
本連載は普段何をどう考えたらいいかわからないことをファクトベースで紐解いてくれる感じがして、大変NPらしいと思っています。
保存版
これは素晴らしい力作。最後に「個別」自衛権ではなく「集団的」自衛権を持ってきたことに込められたメッセージが気になりました。
韓国の気持ちになってみると実際どうなのだろう。突然南北に国を分けられ、それから70年。顔も言葉も歴史も同じだけど、明らかに世界的非難の対象になっている。
統一を目指すとは言っても実際のところ70年の歴史を取り戻すことはできるんだろうか。
この連載について
北朝鮮はミサイル発射を敢行して強気を貫き、朝鮮半島の緊張が高まっている。しかし、トランプ政権のアジア政策はまだ明瞭ではなく、韓国は朴槿恵失脚で混乱している。鍵となる中国は、有事による大量の難民流入リスクから現状維持指向だ。今、日本は「アメリカ頼み」や「平和ぼけ」では済まされない状況に直面している。日本人が知っておくべき朝鮮半島リスクを総点検する。